英アストン マーティン 新型 “スーパー4WD” 導入検討中 高級V8オフローダー登場か

公開 : 2024.05.20 06:05

英国のアストン マーティンが「プロジェクト・ランボー」と呼ばれる新型4WD車の開発を検討している。ディフェンダーやGクラスに準ずる高性能のオフロードSUVとなる可能性がある。

「プロジェクト・ランボー」

英国の自動車メーカーであるアストン マーティンが、頑丈でハイパワーな “スーパー4WD” の導入を検討していることがAUTOCARの取材で明らかになった。

関係者の話によると、同車のデザイン案が社内で評価されているが、SUVとなるかどうかについては未決定だという。しかし興味深いことに、このコンセプトは社内で「プロジェクト・ランボー(Project Rambo)」と呼ばれているようだ。

DBXをベースとするオフロードモデルが登場する可能性がある。(編集部作成予想イメージCG)
DBXをベースとするオフロードモデルが登場する可能性がある。(編集部作成予想イメージCG)    AUTOCAR

このプロジェクト名は、ランボルギーニのオフロードモデルであるLM002の愛称「ランボー・ランボ(Rambo-Lambo)」と呼応するものだ。このことから、アストン マーティンのスーパー4WDもLM002のように高いオフロード性能を持つと期待される。

アストン マーティンのローレンス・ストロール会長は、確固たるビジネスケースがない限りプロジェクトにゴーサインを出すことはないだろう。しかし、同社初のSUVであるDBXは今やベストセラーモデルとなっていることや、メルセデス・ベンツGクラスの人気にも刺激を受けていることは間違いない。

Gクラスの現行世代は、発売から5年目を迎えた現在も高い人気と収益性を維持しており、最近も大幅なアップデートが行われたばかりだ。

取材の過程で、アストン マーティンのスーパー4WDの生産台数は希少性を高めるために2500台が上限となる可能性も聞こえてきた。

生産地は不明だが、DBXとプラットフォームを共通化し、同じ工場で生産される可能性が高い。

同社関係者は取材に対し、このようなニッチモデル向けには独自のプラットフォームを作らないだろうと示唆した。そのため、唯一のSUVであるDBXをベースとするのが現実的だろう。DBXはメルセデス・ベンツから4.0L V8エンジンの供給を受けているが、興味深いことに同エンジンはAMG版のGクラスにも搭載されている。

アストン マーティンは現在、V8エンジンを搭載したDB12とヴァンテージに加え、V12エンジンを搭載した新型ヴァンキッシュを数か月以内に発表し、スポーツカー・ラインナップの刷新を終えようとしている。また今年後半には、初のPHEVとなるミドエンジンのスーパーカー、ヴァルハラを発表する予定だ。

初の量産型EVも2025年に発売される予定で、同社は今後数年間でさらに3車種のEVを開発すると述べている。いずれも同じモジュラー式プラットフォームをベースとし、米ルーシッドから供給されたドライブトレインを搭載する見込みだ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    平成4年生まれ。テレビゲームで自動車の運転を覚えた名古屋人。ひょんなことから脱サラし、自動車メディアで翻訳記事を書くことに。無鉄砲にも令和5年から【自動車ライター】を名乗る。「誰も傷つけない」「同年代のクルマ好きを増やす」をモットーにしている。イチゴとトマトとイクラが大好物。

関連テーマ

おすすめ記事

 

アストン マーティンの人気画像