BYDはEVだけじゃない! シールU PHEVへ試乗 ライバルはティグアンやRAV4 サスが柔らかすぎる・・

公開 : 2024.06.12 19:05

欧州でじわじわと存在感を拡大するBYD EVに加えてプラグインHVも投入 ライバルはティグアンやRAV4 323psでなかなかパワフル 柔らかいサスで不快なほど揺れる  英編集部が評価

ライバルはティグアンRAV4

英国で存在感を増している、中国製のバッテリーEV。技術的には悪くないと評価されつつある。だが内燃エンジンに関しては、まだ充分ではないとも考えられている。それでは、その中間にあるプラグイン・ハイブリッドの完成度はどうだろう。

このシールU PHEVは、BYDにとって重要な1台だ。これまで欧州ではバッテリーEVのみをラインナップしてきた同社初となる、内燃エンジンでも走る中型のSUVだからだ。

BYDシールU PHEV(欧州仕様)
BYDシールU PHEV(欧州仕様)

プラグイン・ハイブリッドは、BYDにとって新しい技術ではない。2008年には、中国初の量産モデルを提供している。それは商業的な成功を得られなかったが、時代の変化とともに技術も進歩し、現在の中国では主力のパワートレインになっているそうだ。

他の例と同様に、シールU PHEVも、まだバッテリーEVへの乗り換えは早いと考えている層がターゲット。ライバルとしては、フォルクスワーゲン・ティグアンやトヨタRAV4などが挙げられる。

AUTOCARの読者なら、中型サルーンのBYDシールをご存知かもしれない。あちらはスポーティなサルーンだが、こちらは背の高いSUV。プラットフォームも異なるそうだ。

スタイリングは、海洋生物をイメージさせるような、うねるようにカーブを描くフォルムが特徴だろう。少しクセが強すぎるかもしれない。

1.5L 4気筒エンジンに電気モーター

パワートレインは2種類。前輪駆動版に載るのは、1.5L 4気筒の自然吸気ガソリンエンジンに、1基の駆動用モーターと、18.3kWhの駆動用バッテリーという組み合わせ。

四輪駆動では1.5L 4気筒エンジンがターボになり、リアアクスルを受け持つ駆動用モーターが追加される。駆動用バッテリーの容量は変わらず、エンジンがリアアクスルを駆動することはない。

BYDシールU PHEV(欧州仕様)
BYDシールU PHEV(欧州仕様)

トランスミッションは、バッテリーEVのように1速リダクション。ただし、エンジン用と駆動用モーター用で独立しており、互いに協働させるためのリダクションギアも別に備わる。

インテリアは、ダッシュボードやドアパネル、シートなどが合成皮革で覆われている。硬質なプラスティックが露出する場所は、殆どない。

タッチモニターは15.6インチと大きく、縦向きから横向きへ回転可能。エアコンの温度調整や速度警告機能などにショートカット・アイコンが表示されるものの、実際に押せるハードボタンの方が扱いやすいことは間違いない。

ワイヤレスのスマートフォン充電パッドは2台分、SUBポートは4口ある。家電を動かせるコンセントも備わり、充電中にプレイステーションで遊べなくもない。

車内空間は平均的な広さ。リアシートにも大人が問題なく座れる。荷室容量は425Lで、RAV4よりやや狭い。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マレー・スカリオン

    Murray Scullion

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

おすすめ記事

 

BYDの人気画像