フォルクスワーゲン・パサート2.0TDI 150GT

公開 : 2015.01.08 23:55  更新 : 2017.05.29 18:57

ただしスポーツ・モード時に振幅/波長の小さい凹凸を連続的に走り抜けた際には、足元からパタパタといった音を耳にすることがある。少なくとも筆者にとっては、あまり心地いいものではなかった。

ステアリングからのフィードバックはお世辞にも多いとはいえず、ドライバーを楽しませる類ではないものの、予想しやすい軽めの操舵フィールは決して嫌気が差すものではなく、狙ったラインにボディを置くことは容易だ。

1400rpmあたりから強大なトルクを与えてくれるディーゼル・ユニットのおかげで追い越し加速にも不満はない。ただし速いかといわれればそうでもなく、あくまで必要にして十分な瞬発力といったところ。

軽い操作でつるりとシフトできる6速ギアボックスと、絶妙な仕立てのペダル・レスポンスはフォルクスワーゲンの製品の例に漏れず、終始安心感のある滑らかな印象を与え続けてくれた。

もっとも劇的な進化を遂げているのは、やはり室内環境である。凝った肌合いや柔らかい素材を用いた空間は、先代から2ランクほど高いレベルに達したかのような気持ちになる。

また6.5インチのカラー・タッチスクリーン(テスト車両は8.0インチのオプション)など、時代を象徴するコンポーネントも花を添えることにより、多くのドライバーが購入後に高く満足できるだろう。

ヒーターが付くシートは、チルト/ハイトの調整はもちろんのこと、ランバーや大腿部のサポート調整も可能。電動で調整できるバックレストと互いに作用して、疲れ知らずの長距離移動を可能にしてくれるはずだ。

関連テーマ

 
最新試乗記