マツダ・ロードスター 1.5 プロトタイプ

公開 : 2015.01.31 23:50  更新 : 2017.05.29 19:13

■どんなクルマ?

英国での販売はあと7ヶ月先の予定ではあるが、いち早く、そして特別に、待ちに待ったマツダ・ロードスターのテストが許された。

まだ開発途中である初期のモデルを試すことができるのにはもちろんいくつかの理由がある。例えば、商品に対する期待を煽ったりだとか、ジャーナリストからフィードバックを得るためだとか、話題づくりだとか……。そう、ポジティブな理由だけばかりではない。

とは言うものの、そんなバックグラウンドは関係ないのかも知れない。私はもちろんのこと、私を含めたすべての熱狂的なロードスター・ファンであるこのウェブサイトの読者に、この試乗記がお役に立てれば良いと考えているだけだ。また、エンジニアやデザイナー、マネージャー、そしてマツダの経営陣もわれわれの意見を参考にしていただければ幸いとも考えている。

しかし、なぜ、筆者がこれほどにまで興奮しているか。

その理由は簡単だ。この4世代目のロードスターはこれまでのどのロードスターよりも全長が短く、そして軽いからだ。これだけでも十分な理由ではないだろうか?

用いるアルミニウムの割合が大きくなっているだけでなく、1.5ℓユニット(英国ではのちに2ℓが加わる)と新式の6速ギアボックスが先代のパワートレインより小さくなっていることが軽量化の ’勝因’ である。

このおかげで車高は13mm低く、ホイールベースを15mm短くすることに成功した。マツダいわく、全マツダ車のなかでボンネットは最も低いところに位置し、オーバーハングも最短だという。

インテリアにはまだまだ仕上げるべきところは残っているが、ルックスそのものは見ていて胸が高鳴ってくる。シートは従来の金属バネによるサポートから、網状素材によるものに変わったことにより、先代よりもさらにコンパクトになっている。これは着座位置そのものを低くすることにも寄与している。

従って、ヘッドルームを犠牲にすることなくウインド・スクリーンを70mm後ろに移動させることに成功。さらにはソフト・トップまでも軽量コンパクトにできたことから、結果的に片手で幌の開閉ができるまでになった。これもまた、ホイールベースの縮小に一役買っているというわけだ。

好循環はまだまだ続く。これらの軽量化、そしてコンパクト化によって、乾燥重量は先代より100kgもダイエットに成功しているのだ。よってタイヤも195/50 16インチで事足りるようになった。

いよいよ幸福なひとときが幕を開ける。

 
最新試乗記