アウディTT

公開 : 2015.04.23 23:40  更新 : 2017.05.29 18:14

■インテリア

”現行TTのギア・レバーには、もう少し精緻感を求めたい。細かい話ではあるが、細かいのところにこそ拘ってほしい” ― マット・プライヤー(ロードテストエディター)

現行型アウディTTの全長はBMW Z4よりも50mm、ポルシェ・ケイマンよりも200mm短い。またリア・シートやハッチバック式のリア・ドアがつくため、2シーター勢に比べると実用性にも優れている。

リア・シートは、さほど体格のよくない大人ならば十分に座ることが可能。荷物を置くためのスペースと割り切れば、他のスポーツ・クーペよりも遥かに高い実用性を誇っている。

現時点ではスポーツとS-ラインの2種類のトリム・レベルから選ぶことができ、スポーツ・トリムにはアルカンターラ/レザー・シート、ブルートゥース、USBソケット、DABラジオ、エアコン、キセノン・ヘッドライト、キーレス・ゴー、電動格納式リア・スポイラー、18インチ・アロイ・ホイールが標準で付く。

一方のSライン・トリムには、19インチ・アロイ・ホイール、よりアグレッシブなボディ・パーツ、ローダウン/パッシブ・スポーツ・サスペンション、オートマティックLEDライト、自動ワイパーが標準装備となる。

車格ゆえ実用性は決して高くはないが、その代わりに着座位置を低く抑えたスポーツ・シートや、メーター部分に車速や回転数以外のマルチメディア/ナビゲーションの情報を映しだす12.3インチの液晶カラー・スクリーンなど見るべき部分は多い。

バーチャル・コックピットはスポーツとS-ラインの両方で標準。不要なスイッチを廃し、目線の高さにコントローラーを設置した点は評価したいが、なにせアウディ初の試みだけに、少しばかり気になる点もある。

特に直感性に欠ける操作系は早急に見なおして欲しい。現時点では、センター・トンネル上のMMIコントローラーと、ステアリング上のコントローラーからの入力のしやすさに差がありすぎるように感じるからだ。

さらにフルスケールのスピード・メーターやレブ・カウンターから、その他の表示メニューに移行する際の操作のしにくさも否定しない。要するにもう少し熟成が必要なのだ。

一方、室内空間は徹底的に吟味がなされた様子。ドライビング・ポジションに違和感は全くなく、とかくシンプルな内装材の手触りに安っぽさは皆無だ。またエアコンの操作系を吹き出し口におさめた点も高評価を与えたい。

総合的な講評としては、’見た目は抜群にいいが、見た目ほど操作感に優れれない’ といったところだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×