ヒュンダイ・ツーソン1.6 T-GDI

公開 : 2015.07.01 23:40  更新 : 2017.05.29 18:50

新型ツーソンは、ヒュンダイが勢いを失っていないことを証明した。価格とスペック次第でクラス首位になる可能性もある。

■どんなクルマ?

立場としてはix35の後継。これまで使用していたツーソンというモデル名に敢えて戻したのは、今後のヒュンダイ・ブランドの飛躍を目指しているから。

日産キャシュカイ(日本名:デュアリス)のライバルであることから、新規顧客の開拓に必死で取り組んでいる。

価格や装備内容よりも、スタイリングをはじめとする知覚的クオリティーを重要視するカスタマーを見据えているとのことだ。

先代の£17,000(326万円)という価格帯に対して、現行型は最安で£18,695(359万円)から。最大で£32,345(621万円)となる。

テスト車両はまだ製品版ではなく、2フェイズ目のプロトタイプだ。ヒュンダイいわく、来月発売される最終的な完成形の80-90%まで到達しているという。

 
最新試乗記