ベントレー・コンティネンタルGT3-R

公開 : 2015.08.11 23:50  更新 : 2017.05.29 19:02

■どんなクルマ?

ベントレーから、「コンティネンタルGT3-R」と呼ばれる限定車が誕生するという第一報を受けた時、誰もが興味を抱いたのは、コンペティションモデルの「コンティネンタルGT3」との関連性だったに違いない。実際にベントレーは、このGT3-Rを「GT3にインスパイアされたロードモデル」と説明するが、はたして世界で300名に限られるカスタマーは、そのコンセプト、そしてパフォーマンスをどのように感じるというのだろうか。

まずは簡単に、コンティネンタルGT3-Rの概要を解説しておこう。GT3-Rは、ほかのコンティネンタル・シリーズと同様に、クルーの本社工場でアッセンブリーされ、その後にモータースポーツ部門へと持ち込まれ、最終的なフィニッシュが施される。そのアピアランスは独特なものだ。フロントスプリッターは専用デザインとなり、ボンネット上には左右一対のエアアウトレットを採用。固定式のリアウイングはカーボン製で、それをあえてクリア塗装としているあたりには、さりげなさの中にもパフォーマンスを強く主張するのだという、ベントレーの考えが表れている。前後のホイールは、鍛造アルミニウム製の21インチ径。ボディーカラーはグレイシアホワイトのみとなるが、オプションでグリーンのアクセントラインや、GT3-Rの(正確にはGT3Rとなるのだが)ロゴタイプを選択できる。

インテリアも独自のフィニッシュだ。最大の特徴は、軽量化のためにリアシートが廃されていること。フロントシートはホールド性に優れたバケットタイプで、そのサイドサポートやドアトリムには、やはり鮮やかなグリーンがアクセントカラーとして採用されている。アルカンターラやカーボンを積極的に活用し、スパルタンな中にもベントレーに独特な高級感を醸し出すキャビン。この空間に我が身を委ねるのは、やはり至福の時間である。

GT3-Rに搭載されるエンジンは、専用のECUやチタン製のエグゾーストシステムなどによって、580psの最高出力と700Nmの最大トルクを得た、4ℓ仕様のV型8気筒ツインターボ。組み合わせられるミッションは8速ATで、駆動方式はフルタイム4WD。通常時の駆動力配分は前後で40:60に設定されている。また後輪には左右輪のトルク配分を、ブレーキの電子制御によって最適化する、トルクベクタリング機構が備わる。ちなみにベントレーが同システムを採用するのは、今回が初めてのことになる。ほかには専用セッティングのエアサスペンションや、8ピストンのキャリパーとカーボンシリコンカーバイトディスクで構成されるブレーキなどが、GT3-Rに与えられたスペシャルな装備となる。

 
最新試乗記

人気記事