メルセデス-AMG GT

公開 : 2015.08.11 23:45  更新 : 2017.05.23 16:36

■プロローグ

“SLSはメガ・スーパーカーであった一方、今回のAMG GTはより小さく、安く、‘ふつうの’ ドアがついたスーパーカーを目指している” ― マット・ソーンダース (ロードテスト編集補佐)

AMG GTの話をする前に、すこしばかりSLSのお話を。

SLSは、かの300SLが用いたガルウイングドア・ドアを蘇らせただけではなく、メルセデスが関わる最後の自然吸気V8エンジンを鼻先に収めていた。

AMGが名を馳せるために重要なモデルであったことは言うまでもない。今後の歴史のなかでも、アイコニックな1台として名を刻むことになるだろう。

一方のメルセデス AMG GTは、(まったく血縁関係がないというわけではないが)SLSとは異なった立ち位置にある。SLSはメガ・スーパーカーであった一方で、小さく、安く、‘ふつうの’ ドアがついたスーパーカーを目指して作られたのだ。

メルセデスの言葉を借りるとAMG GTは2シーターのスポーツカーだということになる。アウディやポルシェのカスタマーの奪取が目下最大の目標なのである。

エンジンを後部ではなくフロントに収めたため、AMG GTには(この手のクルマにしては)十分な荷室が確保された。便利なリフトバック式だ。車体は比較的大きく、車重は決して軽くないもののボディ表面は有機的に接続されている。ハンドメイドのバイターボV8エンジンを収める点はSLSと同じである。

スタンダード・モデルの最高出力は462ps、より高価なGT Sは510psとなる。

SLSと同じくトランスアクスルを採用したのは、47:53という前後重量配分を実現するためなのだとAMGはいう。V8ユニットは可能なかぎりキャビン側にマウントされ、フロント・ミドというに差し支えない。

他にもまだまだ特徴はあるが、あえて一言でまとめるならば ‘メルセデスの目指す輝かしいスポーツカーの具現化’ といったところだろうか。

ポルシェ911カレラや新型のアウディR8と比べてどうなのか? をわれわれは知りたい。

 
最新試乗記

人気記事