マクラーレン570Sクーペ

公開 : 2015.10.21 23:50  更新 : 2017.05.29 19:10

2015年10月9日。マクラーレンはエントリー・レベルであるスポーツ・シリーズを世にだすことのできる熟達したメーカーであることを証明した。

■どんなクルマ?

2011年以来、突出したスポーツカーを出したメーカーは? と問われて、迷わずにマクラーレンと答える人はあまり多くないかもしれない。

しかし別にさしたる問題ではない。なぜなら2011年にデビューしたMP4-12Cは単に12Cとなり、その後の650Sも12Cと共通する部分が多かったからだ。

ただ、まだまだ新興のロードカー・メーカーのなかで、マクラーレンの他にどのメーカーが3つのカテゴリーを成立させているだろうか?

先述の650Sと675LTが属するスーパー・シリーズ。そして生産が終わりつつあるP1が属するアルティメット・シリーズ。最後に今回の主人公である570Sはスポーツ・シリーズ初のモデルというわけだ。

カーボンファイバー製のタブをもつミド・パッケージ、さらに570psを叩きだすエンジンは97km/hまでを3.1秒、161km/hまでを6.3秒、400mまでを10.9秒でこなす。

にもかかわらずマクラーレンは570Sのことを表現するのに ‘スーパーカー’ という言葉を使わない。

‘スーパー’ であることを通りこしているからこそ、スーパーカーという言葉がかえって570Sを安っぽく見せてしまうからなのだそうだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

マクラーレンの人気画像

×