アルピナD3ビターボ vs アウディA7

公開 : 2015.12.19 23:50  更新 : 2017.05.29 19:30

世間では色々と騒がれているが、われわれは高速エグゼクティブカーを見極めるのみ。アウディとアルピナ、果たしてどちらがこのカテゴリーを支配するのだろう?

フォルクスワーゲンを発端とする、同社のディーゼル・エンジン・スキャンダルは、まだまだ終焉を迎えそうにない。しかし筆者は思う。AUTOCARとしての仕事は、優れたクルマを見出し、評価を下すだけだと。

大型のディーゼル・エンジンを載せていれば、簡単に速く走られるだけではなく、燃費もよければ、税金も安い。てんこ盛りのラグジュアリー・エグゼクティブほど魅力的なクルマはない、とさえ思うのだ。

日常的な運転でさえ17km/ℓ台後半の燃費をマークし、スポーツ・サルーンと呼ぶにふさわしいパフォーマンスを発揮。これならば税理士の先生だって大喜びだ。

“いまディーゼルを買うべきでない” という向きも少なからずいるかもしれないが、私は、今こそ買うべきだと思っている。不確実な要素が強い時こそ、交渉ごとはうまく進みやすい(要するに大バーゲンだ)。

関連テーマ

 
最新試乗記

人気記事