スマート・フォーツー

公開 : 2015.12.20 23:50  更新 : 2017.05.29 18:43

■どんなクルマ?

少し前に、4シーターで4ドア+テールゲートのスマート・フォーフォーについてリポートしたが、今度はその2シーター・モデル、スマート・フォーツーの登場である。というより、もともとスマートの発想のベースにあったのが、このフォーツーだった。

スマートといえば誰もが最初に思い浮かべるのはこのフォーツーのはずで、ヨーロッパの大都市、なかでも特に狭い道の多いローマやパリでは、先代までのモデルのコンパクトなボディが街中をキビキビと走るのを、しばしば目にしたものだった。

そこで、ここではまずフォーフォーとの違いについて書くと、フォーツーのボディは全長2755×全幅1665×全高1545㎜で、フォーフォーは幅と高さは事実上同じ、全長だけが740㎜短い。ホイールベースは1875㎜で、これもフォーフォーより620㎜ほど短い。 

つまり、ホイールベースとボディの長さ、ドアの形状とその枚数、およびシートの数とその配置が違うこと以外、フォーツーはフォーフォーと共通するクルマだといえる。したがって、フロントがストラット、リアがド・ディオンのサスペンション、前ディスク/後ドラムのブレーキ等々の基本も、フォーフォーと変わらない。

もちろんパワーユニットも両者に共通で、取り敢えず日本に導入されているNA仕様のエンジンはDOHC直噴3気筒999ccで、71ps/6000rpmのパワーも、9.3kg-m/2850rpmのトルクも、それに6段デュアルクラッチ・トランスミッションもフォーフォーと同じである。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記