ポルシェ718ボクスターS vs ロータス・エリーゼ

公開 : 2016.06.06 23:50  更新 : 2017.05.29 19:30

あたらしい4気筒エンジンを搭載したポルシェ・ボクスターSは、ロータス・エリーゼのハードコア・モデル、カップ250の強力のライバルになり得る。果たしてカップ250は地歩を保つことができるか?

モデル末期を迎えようとしていたポルシェ・ボクスター(981型)は、実に優秀なクルマであった。

わたし自身が、2.7ℓの自然吸気エンジンを搭載したボクスターを最初に乗った日のことを今でも覚えている。音、スピード、サイズ。ハンドリング、フィードバック、ソウル、頭上を吹き抜ける風……。そのどれもがわたしを夢中にさせ、昼夜構わず走っていたかった。

思い返せば、ボクスターのよさは、ポルシェを救った初代モデルから脈々と受け継がれてきたのだった。

素人であろうと、あるいは目利きであろうと、ボクスターの立ち位置には注目せざるを得なかったはずだ。ケータハム・セブンでもマツダMX-5でもない、ボクスター。性能、ステータス性を両立した模範解答だった。

それだけに、‘718ボクスター’ に同情のまなざしを投げかけるのはごく自然なことかもしれない。AUTOCARの読者ならば、あらためていうほどではないが、それは4気筒エンジンを追加したからである。

しかし、この新型4気筒エンジンは、(ボクスターS用の2.5ℓユニットの場合)350psを発揮する。先代が搭載していた3.4ℓフラット6に比べると、実に35psの強化である。パワー主義ではないが、注目に値するだろう。

おなじく4気筒のエンジンを搭載するライトウエイト・スポーツといえばロータス・エリーゼを思いつく。あなたを衝突から守るために、初代よりずいぶんと重くなったが、それでもこちらの車重は921kgである。今回、ボクスターSにあてたのは、エリーゼ・カップ250なるモデルだ。限定モデルであるこれは、246psを発揮。1.8ℓが生みだすこのパワーは、なんとエキシージにも匹敵する数値なのである。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記