フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツS

公開 : 2016.06.07 23:50  更新 : 2017.05.29 18:56

軽量化された限定生産のゴルフGTIクラブスポーツSが発揮する310psという値は、FFのハッチバックのなかで最速を意味するとVWはいう。

■どんなクルマ?

このクルマは、ここ最近のFFハッチバックのなかで、どれよりも速くノルドシュライフェを走れるという。たとえばホンダ・シビック・タイプRと比較すると、こちらは1.5秒速く走れるのだ。

GTIの誕生40周年を記念するラインの一員であるクラブスポーツの最高出力は265ps。オーバーブースト時は25psのエクストラ・パワーを生みだす。Sの場合、2.0ℓのエンジンを用いる点は同じだが、最高出力は310psを叩きだす。

これによって、―あなたが気にするかどうかはわからないが― ノルドシュライフェのタイムは7分49秒21をマーク。シャシー、エアロダイナミクス、インテリアの変更が結果につながっているのだ。

手始めに、フォルクスワーゲンはリア・シートを取っ払うことを決めた。2ドア、2シーターというわけだ。また、サウンド・デッドニングのうちいくつかを省略し、フロントのサブフレームをスチール製からアルミニウム製に変更した。これで30kg軽くなった。エアロ・パーツ自体はクラブスポーツとSは共通だが、Sの場合、前後をリフトすることで、ダウンフォースを高めているという。力関係はリアが勝るようにして、前後グリップを兼ね合わせている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記