スバルBRZ S

公開 : 2016.07.05 05:50  更新 : 2017.05.29 18:41

  • メーカーOPのレザー&アルカンターラ・パッケージ車は、前席にシートヒーターがつく。

  • コントロール性を高めるTRACKモードを新設定。シフトノブ手前のシルバーのボタンで操作する。

  • インマニは従来の樹脂製からアルミ製へ。吸排気のブランチ系を大径化したほか、MT車はファイナルをローギヤ―ド化している。

ところが超低重心のBRZの場合、さほど足を固めずとも優れたレスポンスが得られる。サスペンションのストローク量が少ないのに乗り心地がよいのも低重心のなせるわざで、低重心だから基本的にロールしない。ロールしないからストローク量も必要ないのである。215/45R17のミシュラン・プライマシーHPというごく普通のタイヤを選択しているのも乗り心地重視を物語る。

実のところ筆者はBRZ初試乗ゆえ、以下、86初期型のおぼろげな記憶との比較で申し上げる。エンジン・サウンドに関してはより大きく、より魅力的になった。

今回の試乗会は富士スピードウェイの外周路とショートコースを各4周程度という限られた条件ながら、とても素直によく曲がることが印象的だった。それも地に吸い付くように。それもこれも、もちろん超低重心パッケージの恩恵である。

207psにビーフアップされたフラット4は4000、5000rpm で野太い快音を発しながらデッドエンドの7450rpmまで回りきる。ふと気づくと燃料のカットオフを示す赤いランプが点灯していたりする。直4だったらどこかで振動が出るところだけれど、バランスのいい水平対向4気筒ではそれがない。

ギアボックスは剛性感たっぷりで、カチリカチリと決まる。駆動系のスムーズさもこのクルマの特筆すべき美点だ。ことドライビング・フィールに関しては絶賛したい。ものすごくいい! スバラシイ!

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事