ポルシェ・パナメーラ4Sディーゼル

公開 : 2016.08.25 05:50  更新 : 2017.05.29 19:03

先代パナメーラは、少しだけ動作に重さを感じたが、現行パナメーラ4Sディーゼルは圧倒的に速く、立ち位置にふさわしい高級感まで手にした。

■どんなクルマ?

「パナメーラ4Sディーゼルは、ディーゼルを搭載した4ドア・サルーンのなかで最速なのです」とポルシェは主張する。4.0ℓV8ツイン・ターボが、これまで以上に ‘S’ というバッジに見合うレベルに引きあげたのだ。

もちろん最初に書くべき数字は、422psと86.7kg-mのふたつだろう。後者の最大トルクに関しては、たったの1000rpmから立ちあがる。8速のデュアル・クラッチAT(=PDK)もあらたに設計しなおされた。

進化はこれだけではない。粋なボディの下部には、あたらしいMSBアーキテクチャーが下敷きとなり、エア・サスペンションには3つのチャンバーが備えつけられた。クレバーなクルーズ・コントロールは制限速度まで考慮した仕事をする。峠の走りにも抜かりはないという。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事