マツダ3 2.2d 150 スポーツ

公開 : 2016.10.06 05:50  更新 : 2017.05.29 19:12

せっかく、よく粘り、よく曲がるのだから、ステアリングの重みに一貫性をもたせるべきだ。また、路面が非常に悪くなった場合、アシが入力を捌けずにキャビンに振動が伝わりやすい。試乗会のまえにマツダが主張していたコンフォート性能は味わえなかった。

そのほかは、ほとんど従来から変わっていない。ただ、これは悪いことではない。なぜならディーゼル・エンジンは元来エコノミカルだったし、CO2エミッションだってもともと少なかったからだ。

ただ、従来の問題で解決していないところもある。たとえばウインド・ノイズやロード・ノイズは、ライバル勢のほうが静かだ。

それに、ナチュラル・サウンド・スムーザーのおかげで低回転のエンジン音は静かだが、基本的にガラガラと大きめの音を立てるのは変わりない。

インテリアも一長一短。前後は広々としたスペースがあり、トランク・ルームも大きいのだが、マテリアルの選び方は、相変わらずクエスチョン・マークがのこる。ダッシュボード上部のレザーは高級感があるが、視線を落とすにつれて、あまりに安っぽいプラスティックを無視することはできない。あらたに採用した黒いプラスティック・パーツも簡単に指紋がつく。インフォテインメント・システムは変わらないものの、グラフィックはリッチで使い勝手にも不満はないのだが……。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事