スズキ・イグニス1.2デュアルジェット

公開 : 2016.12.01 05:50  更新 : 2017.05.29 18:41

アンダーピニングは高張力鋼を使用するバレーノと同じだが、ディメンションが小さいため、4WDのエントリー・グレードの車重は885kg(!)に抑えられている。

英国におけるトリム・レベルはSZ3、SZ-T、SZ5から選ぶことができ、いずれも装備は充実している。

■どんな感じ?

90psという最高出力は控えめだと思うだろうが、実際に乗ってみると、これ以上のパワーを必要としない。車重が嵩む ‘オールグリップ’ でさえそう感じるのだから大したものだ。

ガソリン・ユニットゆえ、12.2kg-mの最大トルクに達するまで4400rpmまで待たなければならないが、少なくともパワーが不足しているとは感じなかった。5速MTの操作感もカチリとしているため、楽しくもある。

ただし、基本的には楽しさを全面に打ち出すタイプのクルマではない。ステアリングはスローだし、オフ・センター周辺は漠然としている。それにコーナーではわかりやすくロールする。にも関わらず、おのずと気持ちがドキドキしてくるのは、車体の軽さが理由だろう。4WDシステムのおかげで泥道や急坂道にも対応できる。この価格でヒル・ディセント・コントロールが付いているのもよい。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事