アウディA5 3.0TDI 218 Sライン・クワトロ

公開 : 2016.12.02 05:30  更新 : 2017.05.29 18:13

また、ただでさえA4よりスポーティに仕立てられ、今回のSライン仕様はさらに硬いアシが入るが、それでも乗り心地や挙動の制御が大きく損なわれることはない。それらのコンビネーションは、カントリー・ロードを飛ばしていても不満のない程度に速く、天候が悪化した際には特にその恩恵を実感できる。

キャビンのクオリティは、アウディの定評通り高い。目や手に触れる部分はすべて上質な素材で覆われ、同郷のプレミアム・ブランドのそれを上回る質感だ。デザインの独創性やスマートさではメルセデスCクラスに一歩譲るが、奇をてらわない分、スイッチ類などのレイアウトはロジカルで使いやすい。

MMIことアウディ式のインフォテイメント・システムは標準装備で、これにはナビゲーション・システムも付属。鮮明な7インチ・ディスプレイがダッシュボード上部に、操作ダイヤルが前席に挟まれたコンソールに設置される。ただし、計器盤が12.3インチのディスプレイとなるバーチャル・コックピットは、有償オプションとなっている。

スペース効率を最優先にクルマを選ぶなら、クーペは選択肢から除外するだろうが、A5のキャビンは想像するほど狭いものではない。やや屈まなければ、頭が天井に触れるかもしれないが、後席に身長180cmほどの乗員がふたり座っても苦ではないほどだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事