アルピーヌA120、発売直前のウインター・テスト

公開 : 2017.01.23 04:50  更新 : 2017.06.01 00:31

アルピーヌA120のプロダクション・モデルと思われるテスト車輌のテストが北極圏で行われている。

今年のジュネーブ・モーターショーでプロダクション・モデルがリリースされる予定のアルピーヌA120のウインター・テストが北極圏で行われている。このウインター・テストに使用されているテスト車輌からは、このスタイリングがコンセプト・モデルとほぼ変わりないことが判る。数少ない違いは、よりスムーズになったサイドと、ウイングのないリア、そして大きくなったドア・ミラーといった程度だ。

エンジンミドシップ・マウントで、アルピーヌA110のように開閉するリア・ハッチからエンジンに簡単にアクセスできるという。

エンジンは、まだ詳細は不明だが、4気筒ターボが採用されることは間違いない。AUTOCARの予想では、エンジンはルノー・クリオR.S.(日本名:ルーテシアR.S.)に搭載される1.6ℓターボユニットを1.8ℓにまでスープアップしたものが搭載されると見ている。パワーは250ps、しかし300psバージョンも用意されるようだ。0-100km/h加速は4.5秒というパフォーマンスだ。

また、将来的にはコンバーチブル・バージョンの登場も可能性があうr.

コンセプト・モデルを継承するのであれば、A120はパドル・シフトを備えるデュアル・クラッチ・トランスミッションを持ち、駆動はリア・ホイールで行なわれる。

アルピーヌは、その設立年に合わせた1955台をスペシャル・プレミア・モデルとしてファースト・ロッドでリリースすることをアナウンスしている。このA120は、12のヨーロッパの国々で販売されることが決定しており、数ヶ月遅れて右ハンドル仕様がイギリス、そして日本で販売が開始される。

すでに予約は始まっており、€2,000(25万円)のデポジットが必要となる。また、ボディ・カラーはブラック、ホワイト、そしてアルピーヌ・ブルーが用意される。

A120というネーミングは、1960年代、そして70年台のアイコニックなスポーツ・モデル、A110を引き継ぐネーミングであるが、このネーミングはまだ決定されたものではない。ジュネーブ・モーターショーに、どのようなネーミングで登場するかはお楽しみということだ。

価格は€55,000(680万円)から€60,000(740万円)の間で、価格的にもパフォーマンス的にもポルシェ718ケイマンのライバルになると思われる。



▶ 海外ニュース / アルピーヌA120のボディとシャシーのアルミ・パネルを公開
▶ 海外ニュース / アルピーヌA120のジュネーブ・デビューが決定
▶ 海外ニュース / アルピーヌA120の走行ビデオを公開
▶ 海外ニュース / アルピーヌのスポーツ・モデルに ‘強化版’? 首脳陣を直撃
▶ 海外ニュース / 新生アルピーヌのトップ・モデルは300psエンジンを搭載
▶ 海外ニュース / アルピーヌ・ルノー、2月16日にデビュー

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事