ロードテスト(5) アバルト124スパイダー ★★★★★★★★☆☆

公開 : 2017.08.27 15:10  更新 : 2018.11.07 15:00

乗り心地と操縦安定性 ★★★★★★★★☆☆

より硬く、よりフラットで、より音が大きく、よりシンプルでわずかながらより理解しやすく、すぐに魅了されるが、長い目で見れば飽きが来るかもしれない。

もしMX-5のオーナーに、アバルトの乗り味はどんなものか尋ねられたなら、そう答えるだろう。

まず気づくのはサスペンションの硬さやよりパワフルな走り、そわそわした乗り心地だ。

穏やかなバンプを高速で乗り越えると、このアバルトは素晴らしくしなやかに感じられるが、ダンパーは入力に対するコンプレッションのセッティングが、高周波側と低周波側ではっきり違っている。

荒れた路面や鋭い突起を越える際には、その脚回りが粗くゴツゴツとしたフィールを伝えてくるのだ。

そのサスペンションからの入力を受けても、ボディにストレスの兆候はほとんど見られないが、スカットルだけは時として明らかな振動を引き起こす。

とすると、その見返りには何があるのか。

それは、この上なく動じないボディコントロールと、極めて機敏なハンドリングレスポンス、そしてMX-5の純正仕様ではいかなるグレードでも得られないほど強力で、サーキットのラップタイムでも上回れるほどのグリップレベルだ。

また、後輪駆動車のハンドリングとしては、フィアット版やマツダ版よりわかりやすいが、これは、中回転域のトルクやLSDが加わっていることによるもの。

グリップレベルが上がっているにもかかわらず、そのトルクは中回転域であっても、ドライバーの意のままに後輪を圧倒する。

そして、MX-5がその真価を発揮できないような状況でも、アバルト124スパイダーなら愉快なドライビングを堪能させてくれるのだ。

その反面、繊細さはマツダ版のそれと比較して不足気味だ。よりプリミティブなMX-5の方が一体感に優れ、生き生きとしていてドライバーをその気にさせてくれる。

しかし、デリカシーが全くないわけではない。多少ならば、それを犠牲にしても、引き換えにダイレクトさを求めるというユーザーは少なくないはずだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

アバルトの人気画像

×