ロードテスト(5) アバルト124スパイダー ★★★★★★★★☆☆

公開 : 2017.08.27 15:10  更新 : 2018.11.07 15:00

ロードテストに関して、たくさんのポジティブなご感想をいただいております。データに基づいた、くわしい(そしてキビしい)批評を気に入っていただいているようです。今回の主役はアバルト124スパイダー。日本人として知りたいのは、MX-5とどっちがいいか? ではないでしょうか。

もくじ

プロローグ

デザインと技術
 ★★★★★★★★☆☆

インテリア
 ★★★★★★★★☆☆

動力性能
 ★★★★★★★★☆☆

マルチメディアシステム
 ★★★★★★☆☆☆☆

乗り心地と操縦安定性
 ★★★★★★★★☆☆

購入と維持
 ★★★★★★☆☆☆☆

詳細スペック

AUTOCARの結論
 ★★★★★★★★☆☆

プロローグ

昨年、124スパイダーが見せた成果により、われわれはフィアットを称賛した。

マツダMX-5(日本名:ロードスター)のメカニズムとイタリアン・デザインの融合は非の打ち所がないといえるほどのものではなかったが、フィアットの限定的でおもしろみの薄いラインナップに魅力を添えるモデルではあった。

しかし、チューニングカー部門であるアバルトにとっては、それ以上に大きな意味を持つモデルなのではないだろうか。

フィアットとしては最低限の投資で、実によくできたロードスターを手に入れ、有意義なイメージアップを、とりわけ北米市場で果たした。

一方のアバルトが得たのは、持て余していた腕前で、すでにその能力に定評がある素材を料理できる機会だ。絶対値の低いフィアット500ばかりを手掛けていた状況からすれば、飛躍的な追い風といえる。

アバルト仕様の市場に、明らかな空白があることもまた好都合だ。

マツダはMX-5の出力向上を、かなり控えめに抑えた。となれば、劇的なパワーアップをしたわけでなくても、低回転域が厚く、ピークが5kg-m高いトルクを発生するアバルト版の「マルチエア」1.4ℓターボの搭載は、1トンそこそこのクルマにとって大きな意味を持つものとなる。

そのうえ、機械式LSDを装着することで、フィアット版とも異なるポジションを明確にしている。

これは、いかにもスポーティなスパイダーといった風貌で、見当違いなクルマだったフィアット・バルケッタが生産終了になる以前からわれわれが待ち望み続けたような類の、コンパクトなイタリアンロードスターになりうるモデルだ。

また、フィアットがその値付けを正当化するには、そうである必要があるともいえる。£29,565(417万円)からという価格は、MX-5の最上級仕様より£6,000(85万円)も高いのだから。

なかなかの重責を背負っているわけだが、おそらくサソリのバッジを持つモデルとしては、1970年代半ばのアウトビアンキA112アバルト以来、最高の1台になることだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×