ロードテスト(5) アバルト124スパイダー ★★★★★★★★☆☆

公開 : 2017.08.27 15:10  更新 : 2018.11.07 15:00

AUTOCARの結論 ★★★★★★★★☆☆


「活力みなぎるターボは、
 ホットハッチの精神を受け継いでいる。
 ブラボー、アバルト!」

ちょっとしたジョークのようなクルマ、それがアバルト124スパイダーだ。

MX-5オーナーのほとんどは、半日ほどの試乗ならこのアバルトを楽しめるだろうが、自分の愛車をこれに乗り替えようとは思わないだろう。

2台を比べれば、こちらの方が騒々しく、粗く、ぎこちなく、運転しづらい。

しかし、それはこのアバルトが失敗作だということにはならない。

このクルマで彼らがなすべき使命は、MX-5では決して辿り着けない領域を確実に押さえることなのだ。

それはつまり、£30,000(423)クラスの特殊なホットハッチに匹敵する、走りに特化したハードコアなフィールを、ソフトトップの2シーターで手に入れたいという過激な走り屋たちを納得させることである。

その面では、アバルトはみごとにミッションを成し遂げた。

このアバルト仕様のロードスターは、フィアット版やマツダ版よりニッチなモデルだ。このクルマのサスペンションが、ボディに対してどれほどハードかを知れば、その領域をマツダが自ら開拓しようとしない理由が理解できる。

これは、MX-5よりもたやすく運動性能のエンタテイメント性の価値に見切りをつけられるスポーツカーで、それは間違いなく胸を張ってよいことだ。

われわれは、この図太い決断の下に生み出されたクルマを好ましく思う。ただし、突き詰めるならば、純粋なドライバーズ・カーであるMX-5ほどには好みではない。

担当テスターのアドバイス

マット・プライヤー

このクルマ固有のバランスは大好きだ。この手のコンパクトなモデルでこれを上回るのは、トヨタ86スバルBRZだけだ。

マット・ソーンダース

インフォテインメント・システム用ダイヤルの操作の際には常に、手首を後に曲げなければならず、苦痛だった。しかし、その手を戻す先であるシフトレバーの位置は完璧。エルゴノミクスの優先順位に間違いはない。

オプション追加のアドバイス

試乗車に装着されていたオプションは、£795のBoseオーディオと£1,250のビジビリティ・パック。マットブラックのボンネットは無償で選択できるが、好き嫌いははっきり分かれそう。われわれの好みではない。

改善してほしいポイント

・高周波領域のボディコントロールをもっと詰めてほしい
・スタイリングに、もっとハードコアな特徴を。マットブラックのアクセントは、あまりにも幼稚だ
・できればパワーアップを。このターボエンジンは、余力を残しているように感じられる。やれるならやった方がいい

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

アバルトの人気画像

×