レクサスLC500英国試乗 刺激/高級感◯ ディテール要改善

公開 : 2017.08.29 18:40

刺激的なのはV8

4000rpm以下だと2トン近くあるこの巨漢を動かすには少々パワー不足を感じることもあるが、10速もあるギアボックスは、いつだって最適なギアを選択し、エンジンのパワーバンドを最大限に使えるように準備していて、ドライバーはこれに満足しないワケがない。

LCのハンドリングは、ボディコントロールとコーナリング中の安定感に富んだ信頼できるもので、今回のテスト車両にオプション装備されていたアクティブステアリングはリムからの情報を直接手に伝えてくるような感度であった。

スポーツカーと名乗るには大きすぎるし重たすぎるが、しかしLCはほかのスポーツカーと同じようなドライブフィールを示してくれる。

ただ、このテスト車両にはランフラットタイヤが装着されていたせいか、乗り心地は少し硬く、ごつごつしていたことを付け加えておく。

果たして買うべきだろうか?

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事