ロードテスト(6) レンジローバー・ヴェラール ★★★★★★★☆☆☆

公開 : 2017.09.09 12:20

大人気のロードテスト。第6弾はレンジローバー・ヴェラールです。まずはメイン画像をご覧ください。タイヤ、浮いちゃってます。結果はいかがでしょうか。

もくじ

はじめに

意匠と技術
 ★★★★★★★★☆☆

内装
 ★★★★★★★★★☆

走り
 ★★★★★☆☆☆☆☆

使い勝手
 ★★★★★★★★★☆

乗り味
 ★★★★★★★★★☆

購入と維持
 ★★★★★★★☆☆☆

スペック

結論
 ★★★★★★★☆☆☆

はじめに

ランドローバーでは「ミドサイズ」と呼ぶが、それはコンパクトなイヴォークと十分に大きいレンジローバー・スポーツとの間に存在する、明らかな空白を埋めるモデルであることを意味する。

ヴェラールのキャラクターを、一方でわれわれは以前に「低脂肪レンジローバー」と表現した。

われわれのたとえは、単にヴェラールのサイズを指したものではない。レンジローバーのフルサイズモデルとは異なり、この第4のラインナップはゲイドンのSUVに対するアプローチが全面的に踏襲されたものではないのだ。

というのも、ベースそのものがほかとは異なるのである。

アルミを多用したそのプラットフォームは、ジャガーがXEやXFで用いているもの。つまりF-PACEと近いわけだが、それより£10,000(142万円)ほど高価だ。

ベースモデルでも当然ながら四輪駆動で、ランドローバー独自のテレイン・レスポンス・システムも標準装備。だが、エンジンは4気筒。サスペンションはコイルスプリング式で、車高はレンジローバーとしては低い状態のままだ。

それでも、イヴォーク以上に頑強なメカニズムだが、ヴェラールの方がモダンで、ずっと高価なクロスオーバーっぽい。オフロード能力第一というランドローバーの常道からすれば、正反対といわれそうなクルマだ。

ヴェラールの背景にある、ゲイドンの通例を離れたフィロソフィを探るのも、今回のロードテストの目的である。初めに行っておくと、その真実を知ることは不可能に近い。

ヴェラールは、わりあい経済的なインジニウム・エンジンを積み、エントリーレベルの価格はレンジ・スポーツより£15,000(213万円)ほど低いクルマ、ということになる。

それ以上の要素を考えなければ、これらの事実は2011年のイヴォークがそうだったように、あらたな購入者の熱狂を巻き起こすに違いない。その注目度が、実際に目的に適う価値があるのかを知ることが、もうひとつの目的だ。

 

意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

関連テーマ

 
最新試乗記

人気記事