まとめ ジャガー・ランドローバー「Tech Fest 2017」 11の発表

公開 : 2017.09.11 17:10  更新 : 2017.12.14 12:31

未来のステアリングホイール「セイヤー」

「E-タイプ」を手掛けた伝説のデザイナーであるマルコム・セイヤー(Malcolm Sayer)にちなんで名付けられたこのステアリングホイールは、クルマに固定されるのではなく、持ち運びでき、日々の生活において様々な役割を果たすという。

「セイヤー」は音声で作動する人工知能(AI)を備えた世界初のステアリングホイールで、何百ものタスクを処理する。

高度な音声認識ソフトウェアにより、ユーザーの質問に答えたり、最新情報やニュースを提供したり、旅の計画や、最適なエンターテイメントを選択したり、あらゆることを可能にする。

関連記事は以下をクリックしてご覧いただける。

ジャガー AI採用の新ステアリング 音声コントロール/取り外しも可

Gorillazとのコラボ 将来を見据えた採用

ジャガー・ランドローバーでは、新しい人材採用活動をおこなっている。

イギリスの架空バンド「Gorillaz(ゴリラズ)」と再びタッグを組み、グローバルで活躍できる人材の発掘に取り組んでいる。

ジャガー・ランドローバーでエンジニアとしてのキャリアを築くことに興味がある方は、「Tech Fest 2017」会場内にある「Gorillaz」ガレージで、技術的な能力、論理的な思考、記憶力を測るライブ・チャレンジに挑戦することができ、好成績を収めたプレイヤーは、ジャガー・ランドローバーの採用有力候補者になることができた。

Gorillazとの採用にまつわる記事は、以下をクリックしてご覧いただける。

「急募」ジャガー・ランドローバー、5000人のエンジニア募集中 Gorillazが人事代行?

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事