MG、中国「上海汽車」の救済で見えてきた今後 2019年にはEVも

公開 : 2017.12.03 11:40  更新 : 2017.12.14 12:35

3つの主要エリアに分けた「革新」

「もちろんこれだけではありませんが、今はイノベーションと先進的技術、車体のアーキテクチャとデザインに集中して取り組んでいます。これらは3つの主要なエリアに分ける事ができますが、1番目はデザインです。来年のわれわれのチームの時間とエネルギーはMGのデザイン言語の方向性を決めるために、世界中の顧客の嗜好を理解するために費やされることになります」

「そして2番目は車両エンジニアリングです。この点に関して重要な仕事はクルマの基本設計を決める事です。この考え方はフォルクスワーゲンのやり方に非常に似ています(SAICは中国最大のフォルクスワーゲンとの合弁企業である)。このなかで異なる市場とクラスへ横断的に展開可能なフレキシビリティを達成する方法を見つけだすのです。3番目は内燃機関の設計と研究です」

SAICはZSにGM製3気筒ターボを採用しているが、これは「今回だけ」の措置であり、現在モジュラー・エンジンの開発を行っているところだとリンドレーは言う。

英国テクニカル・センターでは摩擦軽減技術とエンジン始動時の熱効率、そして電気式ターボチャージャーに注力しているとのことだ。

そして上海にあるセンターとも協力しているが、これは決して英国のチームが外に出ないということや、内燃機関の可能性を追求しているということを意味するわけではないとも言う。英国チームの役割は可能性を探るとともに、その成果を上海と共有し、中国における研究プログラムとの整合性を確保することにあるのだ。

これまでの10年間のSAICの努力はローウェを中国市場で成功した収益性の高いブランドとして確立することに集中していたとリンドレーは強調する。そしてローウェはいまやその目標を達成した。

「今われわれの計画は革新的な製品を作りだす世界的に知られたブランドになることなんです」と彼は言う。「世界的な販売状況をより重視しています。さらには自国市場に近いところでの成長と、MGを成功したブランドにするための目に見える具体的な努力を行っていきます」

これら具体的な取り組みの中でも、最も注目すべきは2019年に発売されるMG Eモーション・クーペだろう。本番はこれからだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×