三菱アウトランダー 日本未導入のディーゼルに試乗 PHEVの特長、再認識

公開 : 2018.02.21 12:00  更新 : 2018.02.22 23:08

国内でもPHEVの存在が目立つアウトランダーですが、海外にはディーゼルエンジン版も存在します。日産エクストレイルやスコダ・コディアックがライバルとなる中で、選ばれるモデルとなれるのでしょうか?

もくじ

どんなクルマ?
影は薄くても7人乗りをラインナップ
ディーゼルの経済性はライバル並

どんな感じ?
至って平均的なダイナミクス性能
車内は広いが、装備や質感には不満

「買い」か?
PHEVに代わる秀でた特長がほしい

スペック
三菱アウトランダー「4」ディーゼル4WDスペック

どんなクルマ?

影は薄くても7人乗りをラインナップ

三菱アウトランダーのディーゼル版は、アウトランダーPHEVと比べると影の薄い兄弟。化石燃料を燃やすディーゼル版が位置するカテゴリーは、競合モデルでひしめいている。

一方で、数少ないSUVのプラグインハイブリッド版として、アウトランダーPHEVの存在感は際立っている。

2017年、PHEV版と同様に、ディーゼル版もマイナーチェンジを受けた。フロントがマクファーソンストラット、リアがマルチリンクとなるサスペンションは見直され、路面への追従性が改善されている。また車内のノイズ侵入に関しても、注意深く詰められた様だ。

パワートレイン以外でのPHEV版とディーゼル版との違いとしては、まず実用性の部分があげられるだろう。PHEV版は5シーターのみとなるのに対し、ディーゼル版なら5シーターに加えて、7シーターの選択も可能となる。

 
最新試乗記