長期テスト BMW M135i(1) 中古購入 欠点をクリア

公開 : 2018.03.30 18:40  更新 : 2018.06.28 11:30

今日からはじまる長期テストは、何と中古車なのです。5年落ちのBMW M135iを購入し、気になるところ、いや気に入らないところを、徹底的にブラッシュアップしていきます。サスペンションやLSD、そしてパワーアップなど、お金なんて惜しみません。

もくじ

BMW M135iの中古車を購入
M135i 気になるところ
今後のアップグレード計画
テスト車について
テストの記録

BMW M135iの中古車を購入

今回のわたしの「新しい」長期テスト車は全く新しくない。もうすぐ5年落ちとなるこのクルマだ。

この使い捨て社会においては、もうスクラップ行きまで半分程度といったところだ。しかし、今回われわれは延命計画を用意した。

BMW M135iは2012年に発売され、このクルマは比較的初期の個体だ。

5年経った今、最安値の個体は新車時の半額以下となっている。走行距離11万km超なら1万4000ポンド(209万円)程度で購入できる。これは320psのモダンなFRホットハッチとしてはお買い得であろう。

今回長期テストするこのクルマは走行距離約4万8000kmで、1万7500ポンド(262万円)であった。仕様はまさに狙い通りの3ドア、マニュアル、黒革だ。

このクルマは新車時には2万9995ポンド(449万円)だった。これはフォルクスワーゲン・ゴルフの高性能モデルやルノー・メガーヌなどと比較してそれほど高いわけではない。それでいて、このクルマはよりハイパワーで、BMWのバッジを備え、何よりFRなのだ。人気を博したのも頷ける。

数年経った今でも、非常に魅力的なクルマだ。ターボ付き6気筒エンジンは非常に強烈な加速をするし、シャシーのバランスも良い。また、とても実用的で洗練されている。

もちろん、欠点もある。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記