ルノー・キャプチャーの「後席」 内装360°カメラ画像 コードポケットとは?

公開 : 2018.04.06 07:10

ルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」の内装360°カメラ画像です。今回は、リアシートに座ってみましょう。目の前にコードポケットを見つけることができるはずです。フランスのクルマらしい合理的な発想ですよね。

hoto:Hidenori Hanamura(花村英典)

ルノー・キャプチャー 「コードポケット」とは?


新型キャプチャーのリアシートに座って注目して頂きたいのは、前席のシートバック。伸縮性のあるコードネットタイプのポケットが備わっていて、地図やタブレット端末などをさっと収納したいときに便利である。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

リアシートのスライド量は、前後に160mmと大きい。シートを後ろにスライドすると、リアのニールームは640mmまで広がり、Bセグメントとは思えないゆとりがある。

また、リアシートにチャイルドシートを装着した際に、シートを前にスライドさせておくと、今度はフロントシートから子供に手が届きやすい。

ルノー・キャプチャー新型の内装 360°カメラ画像

360°カメラ画像が表示されない方は、下部の「『キャプチャーの後席 内装360°カメラ画像 』をみる」からアクセスを。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事