アルファ・ロメオ・ステルヴィオ vs ポルシェ・マカン・ターボ 新型SUV クラス頂上対決

公開 : 2018.05.11 23:59  更新 : 2018.05.15 16:14


拮抗する2台の差

さて、この2台のうち、よりインタラクティブでダイレクトなドライビングを提供してくれるクルマは、ステルヴィオとなるだろう。エンジンの潤沢なパワーをリアタイヤに伝達し、コミュニケーション豊かなシャシーが、想いのままの操縦を受け入れてくれる。

0-100km/h加速は3.8秒と、急進的なクアドリフォリオのペースは、ジュリアのものと大差ない。マカン・ターボの場合は4.4秒。SUVには馬鹿げた数字にも思えるが、アルファ・ロメオの方が200kg近く軽量ということもあり、マカンを圧倒するほどの俊足なのだ。

510psを発生させるV6ツインターボの本領を発揮させるには、ドライビングモードを「レース」にすると良い。スロットルレスポンスはよりシャープになり、エグゾーストノートも素晴らしいものに変化する。その場合、スタビリティ・コントロールはオフになってしまうが、穏やかで柔軟なシャシー設定で、常にコントロール下におけるはず。

ちなみに、ドリフトに持ち込むような場面でも、アルファ・ロメオのトルクの50%はフロントタイヤへ伝達される。また、電子制御ディファレンシャルとクラッチの補正による、トルクベクタリング機能もアルファ・ロメオは搭載する。この機能は、ポルシェの場合はオプション。また、ポルシェはハーフスロットル程度でも前後の駆動配分は50:50で、リア駆動となることはない。

エンジンとシャシー設定での勝者がアルファ・ロメオなら、ブレーキとトランスミッションではポルシェの勝利。ステルヴィオは8速、マカンは7速の、デュアルクラッチ・トランスミッションを搭載し、どちらも至極スムーズに変速を完了するが、変速スピードではマカンの方が上手。

ブレーキの効きもポルシェの方が力強く明快で、クルマを高速で走らせることへの自信につながる。ただし、アルファ・ロメオのように、ポルシェもカウンターステアを当てる様な走りをすれば、という程度の差ではある。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事