アルファ・ロメオ・ステルヴィオ vs ポルシェ・マカン・ターボ 新型SUV クラス頂上対決

公開 : 2018.05.11 23:59  更新 : 2018.05.15 16:14


存在感の強いアルファとハンサムなポルシェ

ステルヴィオのロンドンでの販売価格は6万9500ポンド(1063万円)だが、わずかビール1杯分のお金を上乗せすれば、ポルシェ・マカンを購入することができる。しかも、パフォーマンスパッケージ付きで。3.6ℓのツインターボV6エンジンを搭載し、車高はコイルスプリングの場合は標準モデルよりも15mm、エアサスペンションの場合は10mm、低くなる。

ステルヴィオと同様に、マカンのプラットフォームもオジリナルではなく、初代アウディQ5に関係しており、マルチリンク・サスペンションは共有している。スペック上は近似する2台だが、パワープラントが異なっているのは、多くのひとの共感を得られるようにするためだろう。多くの思惑が含まれている。

わたしがクリックホーウェルの待ち合わせ場所に着く間、いろいろなことが頭をよぎった。現地では、画像編集を担当するベン・スメレル・ユードがアルファ・ロメオで待っていた。

ボディカラーは陰影がはっきり表れるパールホワイトで、かなり派手なパーツがボディに溶け込んでいる。ボンネットに穿たれた3本のスリットからは、空気のゆらぎが見えるから、ここまでの走りを楽しんできたはず。

このステルヴィオ・クアドリフォリオの存在感はかなりのもので、そのスタイリングは、曲面の美しさとエッジのシャープさが同居している。 ホイールアーチに取り付けられたオーバーフェンダーは、価格には不釣り合いなデザインだし、フェンダーとタイヤとの間の大きな隙間は、セバスチャン・オジェがドライブするフォード・フィエスタWRCには存在しないものだけれど。

そんなイタリア車の隣に並んでしまうと、例え21インチのホイールに黄色く塗られたブレーキキャリパー、オプションのカーボンセラミック・ブレーキディスクを備えていても、地元の学者のように、ポルシェは控えめに見えてしまう。

しかしハンサムには違いない。磨かれた石のようにスリークなボディワークと、比較的低めの車高は、SUVよりもホットハッチのハンドリングに近そうなイメージを与えてくれる。しかし、思わず二度見してしまうような際立った新鮮さはない。多くのひとにとっては、歓迎されることかもしれないが、キャラクターとしては弱いように思える。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事