ドイツ当局、ポルシェにリコール要求 6万台のマカン/カイエン対象

公開 : 2018.05.23 10:10  更新 : 2018.05.23 10:54

ドイツ当局は、ポルシェに対しマカンとカイエン計6万台をリコールするよう要求しました。これはアウディ製3.0ℓV6ディーゼルエンジンに排ガス不正装置を取りつけていた疑いに関するものです。同車はすでに販売を終了しています。

もくじ

アウディ製3.0ℓディーゼルが対象
ディーゼルの復権めざす

アウディ製3.0ℓディーゼルが対象

ドイツの自動車規制当局KBAは、ポルシェに対しディーゼルエンジンを搭載したマカンとカイエン計6万台をリコールするよう要求した。これは排出ガス不正デバイスの装着に関するものだ。

このふたつのモデルに搭載されるアウディ製の3.0ℓV6のユーロ6対応エンジンは、試験場でのテスト時に排出ガスを低く偽装する装置が取りつけられてたことが判明したものだ。

全世界で12万5000台前後がこのエンジンを搭載していると見られている。

ポルシェUKのスポークスマンはこの問題についてコメントできないとしているが、今日中に公式な声明を発表するとのことだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事