新コンチネンタルGT 内装に使う糸、合計2.8km ベントレー

公開 : 2018.06.20 15:10

新型コンチネンタルGTの車内を飾る「ダイヤモンド・イン・ダイヤモンド」。ステッチ数30万針、仕上がりまで7時間と言われています。なんと、インテリアに使用する糸の長さは、合計2.8km以上!

もくじ

ダイヤモンド・イン・ダイヤモンドとは?
9種類の北欧産レザー 2.8kmの糸で縫い合わせ
マリナー部門 特別な顧客への特別な仕立て

ダイヤモンド・イン・ダイヤモンドとは?

ベントレーは、6月13日の「ソーイング・マシン・デー(ミシンの日)」を記念して、新型コンチネンタルGTのクラフトマンシップを伝えるリリースを発表した。

英国・クルーに勤める総勢120名の専属縫製チームは、経験豊富な職人が集まり、なかには40年もの経験を積んだメンバーがいるという。勤続年数の長いチームメンバーたちが、見習いのスタッフに知見を伝えるのが、ベントレーの伝統だ。

表舞台に立つことのないソーイング・マシン(ミシン)は、100年近くの歴史の中で、ベントレーの本質ともいえる役割を担ってきた。1919年以来、この英国の高級ブランドに相応しい手作りのインテリアは、言うまでもなくこれらの機器や、それを操作する職人たちの手によって生み出されてきたのだ。

新型ベントレー・コンチネンタルGTのインテリアでは、「ダイヤモンド・イン・ダイヤモンド」パターンの縫い目と刺繍の両方を採用し、クラシックなスタイルでありながら、極めて複雑かつモダンなデザインが施されている。

内側のダイヤモンドは、速度と最高の品質との完璧なバランスを実現する、専用設計の最新鋭ミシンを使って刺繍。刺繍の開発には18カ月間を費やし、ひとつひとつのダイヤモンドを構成する712針の正確な位置合わせのために、個別に最適化し、プログラミングされている。

ダイヤモンド・イン・ダイヤモンド・ステッチ・インテリアの仕上げは、約30万針もの縫い目を加工するために7時間以上を要するという。
 

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ベントレー コンチネンタルの人気画像