プジョー208GTI プロトタイプ

公開 : 2013.03.21 20:00  更新 : 2017.05.29 19:01

■どんなクルマ?

来月、いよいよ英国で発売されるプジョー208GTIは、205GTIの再来ともいえる期待を背負ったクルマだ。そのスタイルは標準的な208の3ドアに対してより低くより幅広く、エンジンはRCAやDS3から移植された197bhpを発揮する1.6ℓのターボ・エンジンを搭載する。そのパフォーマンスは、0-100km/h加速は7.0秒未満だ。

標準の208よりもGTIはフロントで10mm、リアで20mm広いトレッドを持つ。サスペンション・レイアウトはフロントがマクファーソン、リアがトーション・ビームで、鋭敏な乗り味を醸し出すためにチューニングが施されている。スポーツ・スプリングとキャリブレーションし直されたダンパーが与えられ、アンチロールバーは修正され、フロントとリアのクロスメンバーが強化された。また、ステアリングは剛性のアップが計られている。

その他、ダイヤモンド・カーボンの17インチ・ホイールと、205/45タイヤが組み合わされ、ブレーキはフロントがΦ302のベンチレーテッド・ディスク、リアがフΦ249のソリッド・ディスクが与えられている。ブレーキは、新たに装備されたダイナミック・エア・インテイクによって冷却される。

ボディ・ウエイトは1160kgと、前モデルである207GTIよりも165kg軽く、ライバルのルノー・クリオ200よりも80kg軽い。

■どんな感じ?

クリアにしなければならないのは、今回試乗したクルマは、プロダクション・モデル以前のプロトタイプであるということだ。最終的なプロダクション・モデルは来週まで待たなくてはならない。

低くセットされたステアリング・ホイール、赤いステッチの入った本革のダッシュボード、アルミニウム製のハンド・ブレーキ・グリップ、赤いイルミネーションがハイライトとなるダイヤルなどが特徴だ。

シートに腰掛けると、そのドライビング・ポジションがベストであることがわかる。スタートは通常のキーを捻るだけ。クラッチ・ペダルを踏まないとエンジンが掛からないといった仕組みはない。

その加速は非常にエネルギーに溢れている。爆発的なものではないが、充分に逞しいフィーリングがある。低回転域でのターボ・ラグを隠すのに充分なスロットル・レスポンスを持ち、オーバーテイクもスムーズだ。

残念ながら6速マニュアルのタッチは良くない。しかし、これはプロダクション・モデルでは改良されることだろう。ステアリングは、センター付近が曖昧だが、一旦切り込んでしまえば反応は良い。エンジニアはステアリングの重さにも注意を払ったようだが、前輪への荷重のための重さか、グリップのための重さかが不明瞭な気がした。

乗り心地は総じて良く、波打った道にも充分に対処できており、ダンプにも素直に反応する。

エンジンについては、ボンネットの下から聞こえるサウンドはほとんどない。大径のテールパイプから聞こえてくるサウンドの方が大きかった。

■「買い」か?

今日のドライバーは、プジョー205GTIにあったような饒舌なコミュニケーションを望んではいないだろう。また、そういった特徴をもった過去のモデルと、この208GTIを比較して審査するのは不当なこどらおう。

しかし、路面とのコンタクトをドライバーに伝えるかということであれば、208GTIは205GTIの域に達していない。それにはステアリング・マッピングを研ぎ澄まさなければならないだろう。

最終的なプロダクション・モデルが、どのようなセッティングを施されてくるかが楽しみだが、とにかくこの208GTIは、フォード・フィエスタSTとルノー・クリオ・ルノースポーツ200と戦わなければならない運命を持っているのも事実。現時点の評価は、208GTIは完璧とは言えないが、その速さは絶対であり、信頼性も高いということだ。

(ジョン・シミスター)

プジョー208GTI プロトタイプ

価格 18,895ポンド(273万円)
最高速度 NA
0-100km/h加速 6.8秒
燃費 NA
CO2排出量 139g/km
乾燥重量 1160kg
エンジン 直列4気筒1598ccターボ
最高出力 197bhp/5800rpm
最大トルク 28.1kg-m/1700rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

 
最新試乗記

人気記事