現実の選択 毎日使える1000万円級スポーツカー対決 後編 回顧録

公開 : 2018.09.22 16:10

最終ジャッジが決めづらい2台

残るはポルシェとロータスだが、これは非常に判断がむずかしい。ハードウェアの面では、路上で実際に示したように、エヴォーラのほうがハンドリングでもブレーキでもステアリングでもポルシェに勝っている。さらに乗り心地もこちらのほうが快適だ。

ケイマンSが設定していたハードルの高さを考えると、それをクリアしたのはまさに快挙である。しかしケイマンSもまた、譲れぬ長所を残していた。それはペダルの踏み応えやエンジンのパンチ力、そして由緒ある血統である。

また、言うまでもないことだが、ロータスはポルシェの驚異的な高精度の組み付けにはとうてい太刀打ちできず、柔軟な前後2トランク構成もケイマンの利点である。一方、エヴォーラにはふたり分の追加シート(実質的にはひとり分でしかも短距離にしか使えないが)があり、これはケイマンにはないものだ。

しかし、総合的に考えると、やはりケイマンSのほうがパッケージの完成度がより高いと結論付けざるを得ない。運転しても素晴らしいし、実用性も非常に高く、0-100km/hの数字がどうであろうと現実にはこちらのほうが速い。さらに価格がかなり安いのも忘れてはならない。

というわけで、ケイマンSがまたひとつ、勝ち星を増やす結果となった。だが、今回は本当に僅差でしかなかった。エヴォーラがケイマンSの強力な対抗馬となるのは疑いようのない事実だ。もしエヴォーラを選ぶ人がいても、それはそれで正解である。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事