現実の選択 毎日使える1000万円級スポーツカー対決 後編 回顧録

公開 : 2018.09.22 16:10

トヨタ製と思えないV6エンジン

①果たしてロータスはこれ以上速くなる必要があるのだろうか? 現実的にはその必要はなかろう。求められる速さというものは、実際には乗り手のメンタルな速度感覚をあくまでも超えない範囲内でどれだけクルマの動力性能を使い切れるか、というところで決まってくるのである。

②トヨタ製のV6がBMWのV8に次ぐ実力があるというのか? 驚くべきことにそうなのだ。確かに回転域のトップエンドからオーバーランかけて、この3.5ℓV6が自分の出自をさらけ出してしまうこともあるが、中回転域ではなかなかエキサイティングな音を楽しませてくれるのだ。

このドライブが本当に快適で、そしてエヴォーラは本当に感動的だったので、わたしはこれをポルシェと徹底的に比較してみたくて朝が来るのを待てなかった。というわけで、カメラマンのクリス・マギーが日没まで撮影を続け、そしてほかの連中がバーに引っ込んでしまってからも、わたしは今回のルートをもう1度、今度はケイマンSで走ってみることにした。

わたしの手帳の中ではケイマンSはドライバーズカーのベンチマークとなっている。ケイマンSは素晴らしくコントロールが行き届いていて、しかも運転を楽しまずにはいられないような魅力を備えている。そしてエヴォーラに乗ったあとでも、やはりベストはこれだと感じていたからである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×