現実の選択 毎日使える1000万円級スポーツカー対決 後編 回顧録

公開 : 2018.09.22 16:10

運転の楽しさではTT RSが最下位

ビールと食事と睡眠のあと、われわれは帰路に着く前に海岸で何枚か写真を撮影した。このあいだにわたしは、ようやく完全にドライとなった道で、全部のクルマに再び試乗してみた。そして確信が持てた。今回の比較テストは決して無茶な企画ではなかった。

かなり走り甲斐のあるコースを含めた旅行を、その流儀は極端に違っていたにせよ、どのクルマも基本的には破綻なく見事にこなす能力を備えていたからだ。それでは結果を最下位から発表していこう。

最下位はTT RSだ。いちばん低価格で、ナイフを突き立てたようなシャープさと随一のソリッド感を持ち、少なくとも速さに申し分はないクルマではある。間違いなく速くて安全なクルマなのだが、今回のテストではほかのクルマに比べて純粋に運転に熱中できるレベルが低かった。この結論は、そのエンブレムがすべてを語っているとも言えるだろう。RS4やRS6とは違って、まず「TT」でありその次に「RS」が来るのだから。

ランエボはあと一歩、M3におよばなかった。加速はよりハードでステアリングはより直観的、しかもコーナリングもこちらのほうが速い。しかしFQ-400のようなクルマは決してスイッチをオフにはできない。だが、クルマを運転してスリルを楽しむ行為は、全速力でカントリーロードを駆け抜けるときだけに限定されるべきではないはずだ。

最高のクルマであれば、ちょっと買い物にひと走りというときでも、なにか特別な感覚が得られてしかるべきだろう。M3は決して欠点がないわけではないが、このクルマはいつでも運転を楽しめた。自分でも驚いたほどだ。FQ-400よりもはるかに広い範囲で楽しめるクルマだったのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事