現実の選択 毎日使える1000万円級スポーツカー対決 後編 回顧録

公開 : 2018.09.22 16:10

感動的なドライビング

ラッシュアワーの混雑を抜けて、ようやく心の底からドライブを楽しめる道に到着したところで、わたしはエヴォーラの真価を知ることとなった。走りのすべてが期待どおり、いや、それ以上に高い水準にあったのだ。

卓越した乗り心地はバンプなどを越えるときの追従性が高いばかりでなく、いかなる状況でもフラットな姿勢を崩さないのである。ステアリングは予想よりもクイックだった(ラックのギア比はエリーゼより高い)が、決して神経質なところはなく、そしてフィードバックは感動的に素晴らしい。

スペックシートを見た限りでは、エヴォーラは重量の点で他車よりかなり有利である。とはいえその差は大きくなく、ケイマンなどはほとんど変わらないくらい軽量だ。しかし、実際に走ってみると、エヴォーラのフィールは数字から予想されるよりもはるかに敏捷で、さらにフロントエンジンのクルマよりも簡単に振り回すことができた。

ロードテスターのヴィッキー・パロットはTT RSに乗って特に苦労もなく後ろをついて来ていたが、時としてロータスの馬力荷重比の低さを思い知らされたはずだ。もっとも、彼女がわたしと同じくらい全力で攻め込んでいたかどうかは疑問ではあるが、ヴィッキーにTT RSで追いかけられながらエヴォーラを運転していてまず思いついたことを、2点ほど述べておこう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事