マクラーレン600LT試乗 570Sより100kg軽量化 675LTから3年分の進化

公開 : 2018.10.01 11:10  更新 : 2018.10.01 22:22

マクラーレン675LTと720S、570Sの良いところを組み合わせ、調整し直し、ドライバーズカーとしての魅力を一層高めた600LT。首都ブダペスト郊外のハンガロリンクで、夢中になる走りを披露してくれました。発売はまだ先となりそうですが、開発者の話とともに、ご紹介します。

もくじ

マクラーレン600LTをハンガロリンクで
570Sから100kgもダイエット
ライバルを寄せ付けないコーナリングマシン
675LTから600LTへの進化
スポーツシリーズがベースのLTモデル
ベストを組み合わせた600LT
購入するならお早めに

マクラーレン600LTをハンガロリンクで

570Sから100kgもダイエット

新しいマクラーレン600LTをサーキットでテストさせてくれたことは、非常に興味深い体験だった。しかし、マクラーレンが公道ではなく、サーキットのみでの走行と制限したということは、われわれが実際に街中で目にするまでには、もう少し時間を要するということでもある。ハンガロリンクでの印象に関していえば、かなり素晴らしい仕上がりではあったけれど。

基本的な情報に関しては、7月に触れているとおりだが、改めて確認しておこう。3.8ℓのV8ツインターボはチューニングを受け、570Sが搭載する570psからパワーアップし、600psを獲得している。サスペンションは締め上げられ、エグゾーストパイプはリアデッキ上に顔を出す。そのため、固定式のリアウィングは、排気ガスの高温に耐えられるよう、耐熱コーティングがなされている。

600LTで、さらに目を引くのが軽量化。エアコンとオーディオを諦め、マクラーレン・セナに採用されている軽量なカーボンシェルを持つシートに置き換えるなどで、570Sよりも100kgもダイエットしている。

しかし、オーナー次第で変更はできる。プロダクト・マネージャーのトム・テイラーによれば、すでに顧客のひとりがエアコンレスで注文を入れているそうで、本当にエアコンレスで良いのか、確認する予定だという。例えエアコンとオーディオを搭載したとしても、既に充分軽量なクルマが80kgもさらに軽く仕上がるというのだから驚きだ。

今回の舞台、ハンガリーのハンガロリンクがオープンしたのは1986年。当時は社会主義国で、共産圏では初の国際規格のサーキットだった。全長4.384kmで、ツイスティで路面は荒れ、高低差もかなり大きい。チャレンジングなコースで、600LTを確かめるにはピッタリの場所だと思う。タイトなサーキットでは、675LTの方に分があるのではないかと、予想している。

まずは570Sに乗る。表向きはコースの習熟走行ということだが、主要なアーキテクチャを共有する2台の走りがどのように異なるのか、デモンストレーションすることも兼ねているはず。パワーの少ないクルマであっても、予想通り速く緊張感があり、敏しょうだった。紛れもなくマクラーレンではあったが、600LTに乗り換え、コーナーをふたつほど曲がった段階で、まったく別物なことがわかった。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事