ベントレー・ミュルザンヌ・スピード2019年モデルに試乗 新車の「クラシカル」

公開 : 2018.12.07 10:20  更新 : 2018.12.07 11:24

どんな感じ?

触る、車内で過ごすだけでテイスティ

この日は後席から乗り込み、ドライバーズカーであるベントレーのショーファードリヴン体験から始めた。

足が組めるほどの余裕、葉巻ケースまで用意されたアメニティなど、まるでホテルかラウンジのような感覚で、同門のコンチネンタルGTのリアシートのようにホルスタリーに乗員が嵌まりに行く着座感とは一線を画す。

決定的にルーミーで快適であることは間違いないが、リアシートでも横方向のサポートが優れている。

これがもっと市民的なホットハッチ辺りになると、ドライバーが飛ばし始めたら最後、後席の乗員は転がっているしかない。そうした欠くべからず部分、ミニマム・コンフォートの質が、ケタ違いに高いのだ。

同じくダイヤモンドキルト仕上げのドライバーズシートに収まってみる。肉厚のクッションながらサポート性に優れるという矛盾した心地よさは、変わらない。

液晶タッチパネル全盛のインターフェイスを経験している身からすると、ボタン類の多い内装はひと昔前に感じられるが、燃料計と時計、水温計の3連メーターが中央に配したダッシュボードからセンターコンソールの意匠、今や控えめといえるクローム使いは好感度ポイントだ。

ただしフライングBや、Bモチーフの意匠が、インスゥルメントパネル内にステアリングホイール、タッチパネルにシフトレバー、各シートバックのステッチなどなど、やや過多に感じる。

外装にもいえることだが、フロントフェンダー脇のBモチーフのエアベントなども、ややファンシー。だが文字ロゴが入るようになる直前の時代のデザインと思えば、これはこれで納得がいく。

ヘッドランプのリングや、フロントグリルといったブライトウェアはすべてダークティント仕上げで、2010年代の感覚なりに、アンダーステイトメントを意識した外観なのだ。

インターフェイスやデザインは、新車という見地で眺めたら旧さを感じさせるが、すでにヴィンテージ感というか貫禄を醸し出しているのは、その動的質感だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事