スーパーカー対決 フェラーリ458イタリアとライバルたち 回顧録 後編

公開 : 2019.01.04 07:10

スムーズな路面での速さと官能的なサウンドが魅力のLFA、電子制御のない圧倒的なパワーを見せるM600、そしてサーキットで速い911GT3RSという特徴が見えてきました。しかし、ロードカーとして最強なのはやはりフェラーリ458という結論に至りました。

もくじ

レクサス初のスーパーカー
スムーズな路面では速い
ステアフィールには差が
さすがのフェラーリ
ノーブルは対等に戦えるか
電子制御は皆無
911の独特な走り
ロードカー最強は458

レクサス初のスーパーカー

スノードニアへと北上する道路に入ると、道は貯水池を避けるように周回するコースとなり、しかも交通量は減ってこの種のクルマには最適の環境になってきた。

レクサスのスーパーカーの方程式に対する最初の挑戦となったLFAは、走っていてまぎれもなく本物だと感じさせた。低速ではトルクの細さが明らかに感じられるものの、6000rpmに達するとLFAのV10は強烈な推進力を発揮するようになる。

7500rpmになるとキャビンの中を反響するエンジンの咆哮が凄まじいものになってくるので、この辺でシフトパドルに手を伸ばしたくなるところだが、しかしその先にはまだ2000rpmも余裕があり、そしてLFAの真の魅力を味わい尽くしたければ当然ながら最後まで回し切ってしまわねばならない。

オーバーレブ警告ブザーが鳴ったところでシフトすると、V10はちょうどスイートスポットの回転数に落ちるようになっている。

だが、ギアシフトをどうするかは完全に自分次第である。4種類のギアボックスモードと7段階のシフトスピードが自由に選択できるようになっているのだが、スローなモードだとトランスミッションのフィールは正直言ってぎこちなく、特に中速コーナリングの際のギアシフトで顕著にそれが感じられる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ポルシェ 911の人気画像

×