英国初試乗 メルセデス・ベンツC220dクーペ マイナーチェンジで競争力向上

公開 : 2019.01.21 11:30

フェイスリフトによって高級感が向上し車内装備もさらに充実したCクラスの2ドア版に試乗しました。新設定された小排気量版のディーゼルエンジンは、スポーティさが求められるクーペに搭載しても魅力的で、さらなる競争力を獲得しています。

もくじ

どんなクルマ?
売り上げはセダンの3分の1

どんな感じ?
スポーティなルックス
硬めの足回り 前席は十分な広さ
内装の質感は良好

「買い」か?
充実の装備と内装が魅力

スペック
メルセデス・ベンツC220dクーペAMGラインのスペック

どんなクルマ?

売り上げはセダンの3分の1

英国でCクラスのクーペをあまり見かけないないのは、仕方のないことかもしれない。昨年の販売台数は約8000台だったが、それでも3倍近くを売り上げるセダンと比べるとようやくといったところだ。

はるかに高価なSクラスから引きついだデザインテーマを持つこのクーペ、セダン以上にゆったりとした贅沢な雰囲気をかもし出すだけに、AUTOCAR編集部のわれわれとしてはもっと売れてもいいのにと残念でならない。

それは、新型の小排気量版ディーゼルエンジンを得たこのフェイスリフト後のモデルでさらにきわだっている。

前の2.1ℓ版にかわって採用されたこの新設計2.0ℓ4気筒ターボエンジン、出力は25psアップの195psとなった。40.8kg-mの最大トルクは変わらないが、効率性も洗練度もあがったという。メーカーではセダンの主力エンジンとの位置づけだが、これならクーペの顧客層にもアピールするだろう。

今回の試乗車はスポーティなAMGライン版だった。オプションでついていたプレミアム・プラス・パッケージには、パノラミックスライディングルーフ/12.3インチのコクピットディスプレイ/高級版オーディオシステム/室内の特徴的なアンビエントライトなど多数の装備が含まれる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

メルセデス・ベンツの人気画像