長期テスト フォルクスワーゲン・ポロGTI+ スピードと快適さのバランス

公開 : 2019.05.05 16:50

パフォーマンスと上質なコンフォート性能のバランスの良さ

しかし乗り始めて数日が過ぎ、早朝M4を長距離走った時のことだった。突然、豪華なインテリアとスムーズで効率的なパワートレインが輝き始め、高速道路での数時間は満足感を覚えるほど快適だった。そしてM4を降りた後のウェルシュでは、ホットハッチらしいハンドリングとレスポンスを見せつけられた。

ポロGTIが非常に優れたクルマなのは疑いようもなく、パフォーマンスと上質なコンフォート性能のバランスの良さがある。これはGTIモデルが常に目指しているもので、より大型のゴルフGTIでは確実に実現しているものでもある。

ポロGTIはこれまでゴルフGTIに比肩するレベルには至っていなかった。われわれは昨年には7.5ゴルフGTIを試しテスターは総じて気に入っていたが、ポロが着々と進化する今、次のアップデートでは対決の必要があるだろう。

今のところ、ポロGTIはピュアなホットハッチと言えないかもしれず、スイフト・スポーツほど走って楽しいモデルでもないが、もっとオールラウンドな魅力を持っている。ギアボックスさえ違えば、例えば私のようなAutocar読者の好みには合うかもしれない。

セカンドオピニオン

私もジェームスと同意見だ。マニュアルなら、ポロGTIはもっとエンスーなクルマになるだろう。このATは市街地では予測不能で、意思疎通もままならない。小型ホットハッチには致命的だ。しかも、高速域では大きめのタイヤからロードノイズが響いてくるのも少なからず不満だ。

テスト車について

モデル名:フォルクスワーゲン・ポロGTI+ 2.0
新車価格:2万2160ポンド(320万円)
テスト車の価格:2万5345ポンド(365万円)

追加した装備一覧

ディスカバーナビゲーション(3年契約):650ポンド(8万6700円)
ボーダフォントラッカー(1年契約):485ポンド(7万円)
エアコン:415ポンド(6万円)
「ブレッシア」ホイール:350ポンド(5万円)
ウィンターパック:285ポンド(4万1000円)

テストの記録

燃費:14.8km/ℓ
故障:なし
出費:なし

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事