新型アルピナB3ビターボ G20型BMW 3シリーズがベース 試作車が路上テストに

公開 : 2019.08.08 11:10

BMW 3シリーズがモデルチェンジしたため、「アルピナB3」も新型に移行する見込みです。G20型をベースにしたプロトタイプと思われるクルマが、路上に姿を現しました。

最高出力は410ps~500ps?

アルピナが、B3ビターボの後継モデルの開発を進めている。カモフラージュを施したプロトタイプが、初めて公道で目撃されたのだ。

BMWがG20型3シリーズを発売したため、その先代のF30型をベースにB3ビターボを製造していたアルピナも、G20型をベースにしたB3ビターボの後継を2020年に発表する見込みだ。その前にBMW自身から登場する新型M3がセダンのみであるのに対し、アルピナ・バージョンはこれまでと同様、セダンとツーリング(ステーションワゴン)を用意するだろう。

「2020年に発表される見込みのB3ビターボ後継モデル(試作車)」
「2020年に発表される見込みのB3ビターボ後継モデル(試作車)」

アルピナの新型モデルは、BMW M340iをベースに、3.0L直列6気筒ターボ・エンジンの最高出力を、M340iの374psから400ps以上に引き上げたものになる。現行のB3ビターボは410ps、さらに高性能版のB3 Sビターボは440psとなっている。次世代のM3は500psを超えると言われているため、アルピナはその間の410psから500psという出力になりそうだ。

これまで登場したすべてのアルピナと同様に、今度の新型モデルも、サスペンションは標準の3シリーズを超える快適な乗り味にチューンされるが、アダプティブダンパーのスイッチを切り替えれば、よりシャープにボディをコントロールすることができる。

外観についてG20型と異なる点を、現時点で分かっている範囲で見てみよう。

人気では新型M3を上回るか

次期型B3は、ビジュアル面でもM340iと異なる多くの変更が加えられることが、プロトタイプの写真を見るとわかる。

アルピナのトレードマークであるマルチスポークのホイールや、「ALPINA」のロゴが入ったフロント・バンパーをはじめとする専用ボディキット、そしておそらくアクラポヴィッチ製と思われる4本出しのエグゾーストが装着される。インテリアもアルピナ独自のトリムが用意され、専用のバッジやエンブレムで各部をあしらうだろう。

「アクラポヴィッチ製と思われる4本出しエグゾーストも」
「アクラポヴィッチ製と思われる4本出しエグゾーストも」

アルピナは数十年前からBMWと密接に協力しながら、BMWの標準モデルより速いクルマの開発や改良、さらに一部組み立ても行っている。近年のB5やB7といったモデルは、市場でBMW自身のMモデルを事実上凌ぐほどの人気を得ている。新型B3も同じような高い評価になると予想される。

発表は新型M3の方が先になる見込みだが、新型B3が先に受注を開始する可能性もある。価格はスタンダードなB3が6万ポンド(780万円)以上と考えられ、高性能版のB3Sは7万ポンド(910万円)を超えるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

BMW 3シリーズの人気画像

×