2019年上半期決算 自動車メーカー勝ち組/負け組 市場は混乱 要因さまざま 前編

公開 : 2019.08.17 05:50  更新 : 2021.03.05 21:42

2019年上半期は、米中貿易摩擦や英国のEU離脱など、さまざま波乱要因が大きく自動車市場を揺さぶりました。堅調なパフォーマンスを維持することに成功したメーカーがいる一方、大きく業績を悪化させたところもあります。英国版AUTOCARが選ぶ勝ち組と負け組をご紹介します。

8社の業績 6社が減益

2019年上半期の自動車市場は大きな混乱に見舞われた結果、2018年が堅調だったこともあり、いくつかの自動車メーカーでは予想に反して損失が発生している。

中国市場の減速もその要因のひとつだが、世界的な貿易戦争に対する懸念や、英国のEU離脱問題、さらにはディーゼルゲートや、ドイツにおける反トラスト法に基づく法的措置なども、こうした状況をもたらす原因となっている。

プジョー5008
プジョー5008

今回われわれが注目した8社のうち、BMWフィアットクライスラー・オートモービルズ(FCA)、フォード日産とPSAの5社は第2四半期、または半期での黒字を確保しているものの、8社のうち6社は減益決算であり、フォードやメルセデス、日産など、大幅な利益減少に見舞われたメーカーもあった。

なお、3月決算の日本メーカーでは、4月から6月の3カ月間がQ1と呼ばれる第1四半期であり、米国や欧州企業にとっての第2四半期と同じ期間を意味している。

別記事ではアストン マーティンの苦境もレポートしているが、今回はわれわれが選ぶ勝者と敗者をご紹介しよう。

テスラ

最終損益:3億3600万ポンド(431億円)の赤字(-43%)
売上高:44億4000万ポンド(5701億円)(+60%)
販売台数:9万5356台(+128%)
*それぞれ第2四半期の数値

モデル3の生産が順調に進んだことで、第2四半期は販売台数と売上高が順調に伸びるとともに、最終損益の赤字幅も縮小している。

テスラ・モデル3
テスラ・モデル3

モデル3の生産台数はこれまでの3倍となる7万2000台にまで達しており、営業損益の赤字幅も縮小したことで、テスラは正しい方向に進んでいるようだ。

しかし、9600万ポンド(123億円)に上るリストラ費用などの特殊要因によって、収益性を確保するまでには至っておらず、モデルSモデルXの販売台数も落ち込んでいる。

BMW

最終損益:18億6000万ポンド(2388億円)の黒字(-28.4%)
売上高:234億ポンド(3兆48億円)(+2.9%)
販売台数:64万7504台(+1.5%)
*それぞれ第2四半期の数値

生産台数は史上最高を更新したものの、ディーゼルゲートに関連したEUの反トラスト法違反に伴うコストを計上したことで、最終損益は大幅に減少している。

BMW 3シリーズ
BMW 3シリーズ

さらに、激化する競争環境と新型モデルの投入に伴うコスト、さらにはますます増加する電動化と自動運転技術の開発費用も収益悪化の原因だとしている。

第2四半期にはそれなりの最終利益を計上しているものの、BMWでは「急減」したとしており、6.5%という営業利益率はPSAをも下回っている。

各ブランド別販売台数では、BMWで56万6000台(+2.7%)、ミニでは8万9000台(-5.8%)、ロールス・ロイスが1328台(+36%)となっており、多くの自動車メーカーが苦戦する中国市場でも、BMWグループ全体の販売台数は24%の伸びを記録している。

一方、欧州市場では依然苦しんでおり、販売台数は4%減となった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

シトロエンの人気画像

×