250ps 4気筒ターボにポールスター製ソフト ボルボXC40 T5 AWD Rデザイン 試乗

公開 : 2019.08.20 09:50

体感できる後輪へのトルク分配割合の増加

ポールスター・モードを選ぶと、後輪への駆動割合が増えたことはすぐに体感できる。ターンインの振る舞いはより引き締まり、標準モデルの引っ張られている感じではなく、押し出されるような感覚が強くなる。

パワーをかけていってオーバーステア状態に持ち込むことも比較的容易だが、ポールスター・モードでもトラクション・コントロールが案外すぐに介入してくる。ステアリングの操舵感は依然として軽いまま。スピードを上げていくと重みも増していくが、フロントタイヤと結びついた、正確性では物足りないことも変わらない。

ボルボXC40 T5 AWD Rデザイン・プロ
ボルボXC40 T5 AWD Rデザイン・プロ

アクセルペダルの操作に対するレスポンスはぐっと素早くなり、追い越し加速などで多用する中回転域からのパワー感が心強い。モデル構成のかなで最もパワフルな2.0Lエンジンは、ホットハッチに迫る直線加速を披露する。ただし、高回転域まで回しても、さほど引き込まれるような印象はない。ピークトルクは4800rpmまでで、レッドラインの6500rpmのだいぶ手前で細くなるようだ。

トランスミッションは8速ATだが、マニュアルモードでの変速スピードも、ポールスター・ソフトウエアではわずかに速められている。しかし、ステアリングホイールに取り付けられたシフトパドルを弾いても、変速を躊躇する傾向は残ったまま。エンジンの回転数を落としたい時にシフトアップを支持するくらいで、基本的にはAT自体に変速は任せておいた方が良いだろう。

運転の楽しみは増すが、燃費は相応に悪化

ドライブモードの選択画面に「ポールスター」と表示される意外、車内にいると特にポールスター・エンジニアードがインストールされていることを示すものはない。しかし、XC40のクラスでもベストといえる上質なインテリアデザインを乱すことがないという点では、評価できる。

ダッシュボードの中央には縦長9.0インチの、センサス・インフォテイメントシステム用モニターが配される。操作性はわかりやすく洗練されており、エアコンの操作までもタッチモニターで行う必要があるが、ライバルモデルより合理的に内蔵されているといえるだろう。

ボルボXC40 T5 AWD Rデザイン・プロ
ボルボXC40 T5 AWD Rデザイン・プロ

特別なソフトウエアがインストールされたといっても、ドライバーズカーと呼べるほどのパフォーマンスの向上までは及ばず、XC40が羊の皮をかぶった狼になるというわけではない。しかし、冷静沈着だったSUVに、新たな水準での運転する楽しみを与えてくれていることは間違いない。

これは歓迎すべきことではあるものの、典型的なXC40のターゲットにとっては、余り喜ばしくない数字も付いてくる。T5エンジンの11.0km/Lには届かない実燃費だ。これはパフォーマンスの向上という魅力を、打ち消してしまう可能性すらある。

ポールスター製のソフトウエアは燃費で優れるT4にはインストールできないことを考えると、ディーゼルエンジンを搭載したD4の訴求力も高く見えてくる。そちらは経済性だけでなく、ダイナミクス性能も、決して悪くないのだった。

ボルボXC40 T5 AWD Rデザイン・プロのスペック

価格:3万8485ポンド(499万円)
全長:4425mm
全幅:1851mm
全高:1652mm
最高速度:225km/h
0-100km/h加速:5.4秒
燃費:11.7km/L
CO2排出量:−
乾燥重量:1646kg
パワートレイン:直列4気筒1969ccターボ
使用燃料:ガソリン
最高出力:250ps/5500rpm
最大トルク:35.6kg-m/1800−4800rpm
ギアボックス:8速オートマティック

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ボルボの人気画像