V12 NA ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJロードスターに試乗 至高の1台

公開 : 2019.08.28 09:50

いま手に入る至高のランボルギーニ

コーナーの出口に向けてスロットルを踏み込めば、ノーズは鋭く内側へと切れ込んでいく。コーナーやスピードを問わず、シャシーは4本のタイヤがしっかりと路面を掴むように、一貫性のある挙動で落ち着かせてくれる。ステアリングは軽く、落ち着いていながらも繊細。ロードスターなら、そこにオープンエアの開放感と、リアビューミラーいっぱいに映る空気を掴む羽を横目に、V12エンジンの息吹を直接感じ取ることができる。

恐らくこれが、ハイブリッドなどが搭載されない、純粋な自然吸気のV型12気筒エンジンを積んだ最後のランボルギーニとなるのだろう。既に電化技術が導入された、エキセントリックでエクストリームなマシンの開発は進んでいる。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJロードスター
ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJロードスター

数百万ポンド(数億円)クラスのスーパーカーのコレクションを持っているのなら、アヴェンタドールSVJロードスターをラインナップに加えない理由は見つからないと思う。エンスージャストとして、想像を遥かに超える、感動的なほど高みに達したクルマだといえる。一軒家を諦めて、人生のすべてを掛けて1台のクルマにすべてを注ぎ込むべきかどうかは、わからない。

恐らくSVJロードスターは、ライバルモデルと比較すると、すべてが完璧というわけではない。ミドシップのV12エンジン・モンスターではあるが、百獣の王と呼べるほどのモンスターでもない。だが、圧倒的なパフォーマンスを備え、確かな将来の価値も約束された、いま手に入る至高のランボルギーニであることは間違いない。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJロードスターのスペック

価格:38万7988ポンド(5043万円)
全長:4943mm
全幅:2098mm
全高:1136mm
最高速度:350km/h
0-100km/h加速:2.9秒
燃費:5.5km/L(NEDC)
CO2排出量:486g/km
乾燥重量:1575kg
パワートレイン:V型12気筒6498cc
使用燃料:ガソリン
最高出力:770ps/8500rpm
最大トルク:73.2kg-m/6750rpm
ギアボックス:7速ISRオートメーテッド・マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ランボルギーニ アヴェンタドールの人気画像