ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ サンターガタへの帰還 後編

公開 : 2019.11.10 08:50

2025年にはハイブリッドへ

アウディとの共同開発であるウラカンのV10エンジンは、ハンガリーのジェールからイタリアへとやって来るが、アヴェンタドールが積む重量430kgの6.5L V12はここサンターガタ製となる。巨大なエンジンブロックがスタンド上で研磨され、タトゥーをした従業員のグローブをはめた手には光沢を放つこん棒のようなピストンが握られている。

アヴェンタドールSVJのエンジンベイに668psを発揮するV12を納めることを想像してみて欲しい。このクルマのカーボンファイバー製ボディは、エンジンが組み込まれる前には、20分の距離にあるインペリアーレという名の企業によって塗装が行われている。

アヴェンタドールが積むV12は依然としてサンターガタで生産されている。
アヴェンタドールが積むV12は依然としてサンターガタで生産されている。

いまこのラインで生産されているアヴェンタドールのほとんどがSVJだが、最近公開されたシアンFKP37が示唆するとおり、ランボルギーニの次代のフラッグシップモデルはV12ハイブリッドパワートレインを搭載することになるだろう。820psを発揮するシアンFKP37では、低圧モーターがトランスミッション内部に組み込まれていた。

では、このラインで電動スーパーカーを創り出すにはどれほどの改修が必要になるのだろう? この問題は2025年までにすべてのランボルギーニが何らかの形でハイブリッド化されるということとも関連している。

あまり楽観的になってもいけないが、ここは依然として特別な場所であり、すべてがルールどおりに行われているという訳ではない。

関連テーマ

人気テーマ