ロードテスト BMW X2 ★★★★★★★☆☆☆

公開 : 2019.10.05 11:50

操舵/安定性 ★★★★★★★☆☆☆

機械面では、X2 M35iは今のところBMWの運動性の主流であるものとはかけ離れている。ベーシックなディーゼルの3シリーズでさえみごとな走りをみせるのは後輪駆動であることが一因だ。あえてそれと違う道を行くというのは、バカげているようにも思える。

それだけに、FR由来のバランスや、爽快でコミュニケーション性に富むステアリングのレスポンスは期待しないでほしい。その手のBMW像を追うと、このクルマの真価を見失う。

コーナリングはそつなくこなし、望めばかなりのスピードで駆け抜けるが、BMWのセダンがみせるような夢中になれるバランスより、スタビリティを重視した印象だ。
コーナリングはそつなくこなし、望めばかなりのスピードで駆け抜けるが、BMWのセダンがみせるような夢中になれるバランスより、スタビリティを重視した印象だ。    LUC LACEY

4WDのクロスオーバーとしては、トラクションとスタビリティに主眼を置く必要があり、その点ではすばらしい。ステアリングは、Mディビジョンがチューニングしたにもかかわらず、思ったほどギア比がクイックではない。それでも、ターンインしたがらないように感じるほど緩いものではなく、テスト車が装備するパッシブサスペンションとのマッチングは上々だ。

結果として、このクルマはコーナーへの入りがとりわけ落ち着いたものとなっている。そこから、標準装備のフロントLSDがクルマをよく曲がらせ、それをうまく後輪駆動が補助することで、このクラスとしては強烈に機敏なコーナリングをみせる。

ドライコンディションでは、アンダーステアへもハッキリと抵抗する。ボディコントロールは、低速域では硬すぎると感じるが、速度が上がるにつれタイトながら滑らかな動きをするようになる。

総じて、スピードや走りの能力はほどほど。ずば抜けた資質を持ち合わせているとは言えない。限界を感じさせるステアリングは、期待するほどにやる気をくじかれ、シャシーはたしかに俊敏で、ブレーキを残しての穏やかな旋回でも無感覚ではないのだが、ドライビングのプロセスに楽しみは希薄で、心から熱中できることはない。

Mスポーツプラスパッケージをはじめとするフル装備状態ならば、ハンドリングのバランスやクルマへののめり込み度は多少なりとも高まるだろう。しかし、おそらくはそれでも長年のBMWファンが求めるレベルには達しないはずだ。賭けてもいい。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

BMWの人気画像