ロードテスト BMW X2 ★★★★★★★☆☆☆

公開 : 2019.10.05 11:50

BMWは、Mパフォーマンス初となる4気筒モデルを投入。たしかに速いものの、FRモデルのように魅了してくれる走りではなく、乗り心地には難あり。クロスオーバーとしては、違う着地点を見出してほしかったところです。

はじめに

今回のテスト対象は、BMWのデザインコンシャスなクロスオーバーハッチバック、X2のハイパフォーマンスバージョンだ。そのルックスがお気に召さない向きもあるだろう。ミュンヘンの面々も、それは承知の上だろう。確信犯だと言ってもいいかもしれない。

背が高い5ドアのファミリーカーながら、600万円近い価格で、300ps級のパワーと4WDを兼ね備えるX2 M35i。BMWがこのクルマの外見とポジションを評するのに用いた言葉は「二極化」だ。X2をはじめてロードテストの物差しで測るにあたって、われわれはこの最上級バージョンを選択した。

X2は、賛否両論あることを覚悟の上で造られたクルマだ。エントリーモデルであっても、この手のクルマのほとんどより大胆で目を引く視覚的なボリュームをもたせ、一般的なクロスオーバーのデザインとは一線を画した。

そして、明らかに若くてどこまでも自由な考えを持つオーナーの個人主義を主張するものに仕立てる意図があったと思われる。Mパフォーマンス版でなくとも、見るもののほとんどを振り向かせたに違いない。

とはいえ、われわれはこれから、このクルマについて短からぬ文章を綴っていこうとしている。そのパフォーマンスやハンドリング、英国の路上における快適性や日常での使い勝手などを、ロードテストの尺度でつまびらかにしていくのだ。

また、このクルマがまだ目新しいMパフォーマンスの名にふさわしいのかも判定したい。むろん、派手でアグレッシブなルックスや、それと同じくらい驚くべき価格についても言及することになるだろう。

ハイパフォーマンスなクロスオーバーは成長しつつあるジャンルだ。このBMWは、群雄割拠するこの新たな戦線で、覇を唱えることができるのか。そしてより重要なのは、これが買うに値するクルマなのか。そこのところをはっきりさせようではないか。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

BMWの人気画像

×